2005年08月26日

Hard Luck Woman...

 先日の「ヘビメタさん」・・・

 ゲストは八代亜紀。

 以前Martyは、

「スタジオに八代亜紀さん来て欲しいですよー」

と言っていたのだが、やっとその夢が叶い、

 「ホントに来てくれて夢みたいですよ・・・」

と感激。

 で、"School Of Metal"で「ヘビメタ界のサブちゃん」(笑)こと
Ronnie James Dioの曲が流れた後、鮎貝がMartyに振る。

 Marty「完全にミーハーモードになっちゃうんですけど。八代亜紀さんの
音楽を発見した時に、僕は日本語全然わからない時でも、きっとこの曲
寂しいな、と思った。
どうやってギターでその感情を伝えるんですか、と凄い疑問を感じました。」

 と八代に質問、

八代「浪曲ってのがありまして。浪曲っていうのはぶつけて歌うんじゃなくて、
ちょっと引いて、絞るような声を出して。感情を出すんですね。」

 とおもむろに、"舟歌"のサビを歌いだす八代。

 満足な表情のMarty・・・

 Rob Zombieの曲が流れた後、八代はおもむろにこんな話を・・・

 「Bon Joviの"Runaway"あの歌凄い好きで、取り入れてコンサートで
一年歌いました。」

 えぇーーーーーーっ?
 っつうか、八代のファンはBon Joviのことを知らないと思うが・・・
 どんな反応だったんだろう?

 その後、八代とMartyのセッションも・・・

 鮎貝「実際に歌われてどうでした?」
 八代「コンサートでもやりたい!」
 Marty「そうですね、ほんとに気持ちよかったですよ。」
 久武「これは是非、僕はして欲しいですよCD化!」

 っつうか久武さん、あなたがProd.すれば済む話やろ?(笑)

 他のコーナーはどうでもいいや。
 (っつうか、コピバンのコーナー、いくらエアメタルの代わりとはいえ
あれはいらんやろ?いろんなBlogでも不評だし・・・)

 最後に熊田が、嫉妬心をこめて・・・

「Martyがこんなに私の顔を見ない回は初めてだったので、ショックでしたね」

と言い、番組は終了。

 で、この番組、ここによると9月で終了との事。

 元々の成り立ちが、スクエア・エニックスのゲームソフトである
「ヘビーメタルサンダー」の宣伝のために立ち上げた番組だった訳だが、
無事に9月発売も決定した事で、その役目が終わってしまったという事も
あるんだろうな。 
posted by alessandro at 21:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

Vanishing Point...

New Order - The Singles

A new compilation titled New Order - The Singles will be
released by Warner Music on October 3rd.
It will also feature an artwork by Peter Saville.

CD1:
Ceremony - Jan81
Procession - Sep81
Everything's Gone Green - Dec81
Temptation - Apr82
Blue Monday - Mar83
Confusion - Aug83
Thieves Like Us - Apr84
Perfect Kiss - May85
Subculture - Nov85
Shellshock - Mar86
State Of Nation - Sept86
Bizarre Love Triangle - Nov86
True Faith - July87
1963 Arthur Baker Mix - July87
Touched By The Hand Of God - Dec87

CD2:
Blue Monday 88 - Mar88
Fine Time - Nov88
Round + Round - Feb89
Run 2 - Aug89
World In Motion - May90
Regret - April93
Ruined In A Day - June93
World(Price Of Love) - Aug93
Spooky - Dec93
Crystal - Aug01
60mph - Nov01
Here To Stay - Apr02
Krafty - Mar05
Jetstream - May05
Waiting For The Sirens Call - Sep05

 "Substance","(The Best Of...)","International"・・・
 4枚目のBest Albumなんだよね。
posted by alessandro at 00:40| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Unstoppable...

 駒苫暴力発覚、優勝旗返還も覚悟

 今の高校野球って、ますます「"不祥事バレなかった野球部"選手権」と化して
ますなぁ。
 終わった後にバレるっつうのも、マヌケな話だが・・・

 多かれ少なかれ、部内暴力だの喫煙だのって、今のご時世どこの学校にでも
ある話だし、要は主要な大会が終わるまで、いかにバレずに過ごすかっていうのが、
最重要課題なわけで。(笑)

 一番の問題点は、高校野球っつうものを変に神格化している大人たちなん
じゃないの?

 「さわやか」
 「高校生らしい」

 って、一体何が?
 奇麗事並べて、無理やりにレッテル貼っている感じがして嫌だし・・・

 あと、野球部員もその親も高校野球関係者も、何か思い上がっている感じがして
嫌なんだよね。

 明徳の件は、学校側と被害者側が金で揉めたからバレたんだろうし、
今回の件だって、何か裏であるんだろうしね。

 さぁ、どうなる、どうする?
posted by alessandro at 00:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

Two Months Off...

 Electraglide 2005・・・

 Underworld、1年おきに来てるなぁ・・・

 とはいえ、参戦か否かは、他のラインナップが出揃ってから考えるかな・・・
posted by alessandro at 23:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

New Life...

 今日、人事異動の内示が・・・

 池袋本社勤務・・・
 今から3年前、当時の上司とうまくいかず本社を追い出されて以来、
3年ぶりに池袋に戻ることになっちゃいました。

 部長曰く、先方のたっての希望なんだとか。
 (先方といっても、この2月までのうちの元上司の常務執行役員。)

 でも、もう少し今の所で悠々自適に過ごしたかったので、気持ちは複雑。

 というか、今の本社の雰囲気があまり好きじゃないからなぁ・・・

 社命だから仰せに従うのが、会社員の宿命・・・

 通勤経路もちゃんと考えなくちゃね。
 あの朝の千代田線の地獄は味わいたくないしなぁ・・・
posted by alessandro at 23:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

So Wonderful...

bp.jpe

 「僕らの音楽2

 Bonnie Pink x 綾戸智絵

 2人とも関西出身なので、最初っから関西弁トーク炸裂。
 なんかええ感じでした。

 で、番組で演奏したのは、

 Heaven's Kitchen(with 綾戸智絵)
 Perfect
 So Wonderful

の3曲。

 "Perfect"は、Fairground Attractionの名曲のカヴァーで、
今年発売された彼女のカヴァーアルバム"Reminiscence"からの1曲。
 "So Wonderful"は、彼女の現時点での最新Singleで、今回は
チェロを中心としたアコースティックなアレンジによる演奏でした。

bp_ourmusic.jpe

 2人の対談では、

 1.平井堅とメル友なBonnie Pink。平井堅って普段はめっちゃおもろいらしい。
 2.綾戸さんが「歌うまいなぁ」と思う人は、加藤登紀子で、若い子では
  中島美嘉なんだそうです。一方Bonnie Pinkは、岩崎宏美と今井美樹。

というような話が・・・

 とりあえずは、来月にNew Albumが出るので、それに期待しようかな。
 というわけで、"So Wonderful"のVideoが45秒ほどここで見れます。
posted by alessandro at 09:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Roadhouse Blues...

ROTS_logo.gif

 Recent News about RIDERS ON THE STORM

August 6, 2005
AT last night's taping of VH1's Decades at Trump's Taj Mahal in
Atlantic City, Ray Manzarek announced that The Band's new name is now,
"RIDERS ON THE STORM."
Ray said that Riders On The Storm was the last song Jim ever
recorded with the band, the last song Jim ever sang with the band,
and in memory of Ray & Robby's good friend, Jim Morrison, Ray, Robby,
Ian, Ty and Phil would now be called, "RIDERS ON THE STORM."

 裁判の結果によって、"The Doors Of The 21st Century"を名乗る事ができなく
なった、Ray Manzarekご一行の新しいバンド名が決まったとの事。

 Jim Morrison生前最後のアルバム"L.A. Woman"の収録曲ですね。
posted by alessandro at 00:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

Headlong...

wwry.jpe

 で、前回の続きです。
 実質、残りあと1週間もないし若干ネタバレしてもいいかな?

 場内が暗転し、"Innuendo"が流れる・・・Freddieの声とともに。
 (事実上の)ラストアルバムのタイトル曲であるこの曲を聴くといつも、
荘厳な気持ちになる。

 このミュージカルのストーリーについては、ここを見てもらえば全体像は
つかめると思うので省略。

 今回の日本公演に際しては、英国公演のスタッフ&キャスト陣ではなく、
オーストラリア公演のスタッフ&キャスト陣で構成されているそうだ。
 (話によると、英国組よりも豪州組の方が演技も歌も評判がいいらしい。)

 日本公演ということで、いくつか日本向けのアレンジを施している。

 1.「エボシ岩」だの「コナカ」だの「冬のソナタ」だのというセリフがある。
 2."No One But You"のところで、早死にしたミュージシャンがスクリーンに
 映されるのだが、Jimi HendrixやJanis Joplinなどに混じって、hide(ex.X)や
 尾崎豊の写真も。
 3.最後の最後の最後に、"I Was Born To Love You"が・・・
 (これはどう見ても、Japan Onlyやろ・・・)

 まぁ、"I Was Born To Love You"は俺の場合、(Queen Ver.も好きだけど)
Freddieのソロ曲という認識が強いもんで・・・
 客席を埋めていたオールドファンにとっては、"Teo Toriatte"の方が
よかったんではないか・・・と。

 あと、劇中に使われるQueenの曲群ですが、ミュージカルのストーリーに
あわせて、歌詞を変えてます。
 (まぁ、某曲が流行っていた頃にはインターネットはなかったし・・・)

 劇中のセリフの中に、Queen以外のアーティストの有名な曲のタイトル
だったり、歌詞の一部だったり、(登場人物に)アーティスト名が使われて
いるので、それなりに洋楽を聴いてきた人にとってはニヤリとさせられる
ところも・・・

 音楽ですが、てっきりカラオケでも使うのかと思っていたら、ステージの
両サイドに生バンドが控えており、指揮者の合図に合わせて生演奏をしていた。
 ちなみに、ステージ右側には指揮者兼キーボードとキーボード2人と
パーカッションが、ステージ左側にはギター2人にベースにドラムスが
それぞれブースの中に陣取っていた。

 ミュージカルは今回が初体験なので、他のミュージカルがどんなものか
知らないけど、観客は1曲演奏するごとに拍手しているし、後半の
"We Will Rock You"以降は総立ち状態と、コンサートとなんら変わらない
空間が・・・

 あと、"Bo Rhaps"のオペラパートも生演奏だったし・・・
 (ちなみにQueenのライブでは、"Party at The Palace"の時以外はすべて
テープ演奏。)

 途中20分の休憩を含めて約3時間弱・・・
 おなかいっぱいになりました。

 ま、Queenに対する予備知識がなくても楽しめるだろうけど、予備知識が
あった方がより楽しめるかな・・・
 もし予習するなら、東芝発売のインチキベストアルバムではなく、
本国発売の3枚組ベストアルバムがいいと思う。

 あと、何年か後に劇団○季とかで安易に日本語版を作るのはやめて欲しい。
 "Mamma Mia"のCMをTVで見たけど、酷かったしな。

 来週終わった後の次の催し物は、これだって。
 ↓
saburo.jpg
posted by alessandro at 00:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

Another One Bites The Dust...

 今日、やっと"We Will Rock You"見てきたよ。

 会場が歌舞伎町の中にある新宿コマ劇場だったんで、昼公演でした。
 (夜だとあの辺、治安悪そうじゃん!)

 新宿コマというと、どっちかというと演歌とかのイメージが強く、
昨年秋あたりは松平健がロングラン公演していました。

 とはいえ、過去にはYMOの1981年のWinter Tourの最終公演地でもあったわけで・・・

 とりあえず、入口横の上のほうにはFreddie Mercuryの像が・・・

wwry_billboard.jpg

 入る前から気分が盛り上がります。

 入ってすぐには飲食物のブースがあり、ここで買ったものは会場内に持ち込める
という、いわゆるシネコン状態。
 (そんなんだったら、マクドで昼食しなかったのに・・・)

 開場まで時間があったので、いろいろと見てまわる。
 2階へ上がる階段には、日本盤7" Singleのジャケットが展示されていて、
Freddieの直筆歌詞も展示されていたし、2階中ほどにはFreddieのステージ衣装や
Brianのギターとともに"Greatest Hits 1"や"One Vision"や"News Of The World"の
プラチナディスクや"We Are The Champions"のゴールドディスクが展示されていた。

notw_platinum.jpg

 いよいよ開場、とりあえず客席へ・・・
 左端だったが結構前なので、それなりにはきちんと見えそうなポジションでした。
 客層は、20代前半と思しき人々もいれば、老人?ってくらいの歳の連中もいたし、
子連れもいれば、孫連れ?と思しき人もいて、多岐にわたっていました。

 しばらくして、俺の横で係員と揉めているババァが・・・
 聞き耳を立てていると、このババァの言うには、
「昨日今日買った席じゃないのに、こんなクソ席(筆者一部意訳;笑)なんて・・・」
 どう「クソ席」なのか引き続き話を聞いていると、「あんな端っこの一番前じゃ
字幕はよく見えないし、スピーカーの音がうるさい」とのこと。
 係員が、後ろの方の当日券の売れ残り(と思われる)席に誘導し一件落着したが、
もしあれ以上ゴネていたら、「嫌なら帰れよ、ボケ!」と怒鳴りつけようと
思っていたけどね。(笑)

 そんなこんなで、開演の時間です。
 つづく・・・
posted by alessandro at 00:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

Meet El Presidente...

duran_gap.jpg

 何年か前のGAPのポスターでの、Simon Le BonとNick Rhodesです。
 山手線の車両丸ごとGAPの広告だった事もありましたね。
posted by alessandro at 10:14| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。