2005年10月06日

Make Progress...

 玉置成実の新曲は、Get Wild/TM Networkのカヴァーです。
 Produceを小室哲哉氏がやるとのこと。

 SMEのサイトでは、試聴できるみたいです。

 聴いてみてどう思いましたか?
 可でもなく不可でもない・・・感じですけどね。
posted by alessandro at 01:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

Nevermind...

 元木大介内野手が現役引退を表明

 っつうか、元巨人の方がタレント活動しやすいもんな。
 デーブ大久保しかり、定岡しかり・・・

 だって、元巨人って肩書きがなければ、誰も相手にしないしな。
 元巨人ってだけでテレビ番組に使う、日本のテレビ局もバカだよね。

 本当に野球が好きだったら、他の球団に行ってでも野球をやるはず
だと思うけどね。
 今、巨人にいる選手の中で野球が好きでやってるやつなんて、
ほとんどいないんじゃない?
 だから勝てねぇんだよ。

 巨人なんて、プロ野球なんて名乗るのやめて、一生ジャニーズとかたけし軍団とか
タレントとでも野球やってれば?

 でもまぁ元木の場合は、奥さんが元局アナだから夫婦で番組とかやったりして・・・
posted by alessandro at 02:41| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

太陽の破片・・・

 岡村靖幸被告に懲役2年求刑
 出直しは「歌で麻薬撲滅運動」

 5月に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕、起訴されたミュージシャン
岡村靖幸被告(40)の論告求刑公判が30日、東京地裁(高山光明裁判長)
で開かれ、検察側は懲役2年を求刑した。

 "カリスマ"と呼ばれた全盛期よりかなり太った岡村被告は黒ぶち眼鏡、
伸ばした髪を後ろで縛り、シャツにジーンズ姿で入廷。
小学校時代に離婚した父親が情状証人として出廷し、「これからでも遅くない。
おやじと息子の関係を取り戻したい」と呼びかけると、涙をこらえてはなを
すすった。
岡村被告は「血液がまるでさびるかのように、体が腐っていくように毎日
苦しんでいる」と現在の心境を吐露。
「ファン、スタッフ、親を悲しませたことをつぐなうために早く復帰したい。
僕は生まれ変わる。復帰したら、麻薬撲滅の歌詞を書いて歌って、麻薬撲滅運動を
したい」と反省の弁を述べた。

 検察側は「刑務所に行く覚悟は? きちんと覚悟してくださいね」と厳しい口調で
さとし、岡村被告は「そうですね」と深いため息をつき肩を落とした。21日に判決。


 麻薬撲滅の歌詞か・・・
 マッキーは復帰直後のアルバムで確か、直接的な表現は使わなかったけど、
そういう類の曲は書いてるし・・・

 逮捕発覚の時の記事で再犯だって事だったので、実刑は免れないのかな?
 だとしたら、求刑からちょっと短くなったとしても1年半くらいは刑務所に
いるような気がするから、早くて復帰は2年後くらいか・・・
 長いな・・・
posted by alessandro at 14:07| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Eye Of The Tiger...

 確かに阪神が優勝したんだけど、2年前に比べてどうもしっくりこない。

 投手でいえば、確かにJFKというセットアッパー&クローザーを確立したのは
大きい。
 しかし、彼らが登板過多になる原因を作った先発陣の不甲斐なさといえば・・・
 井川は13勝しているが、見ている限りそんなに勝ったとは思えないくらい、
不甲斐ないゲームも多かった。むしろそっちの方が印象深い。
 福原に至っては、8勝14敗である。
 安藤や下柳の勝ちで、なんとなく体裁が整ったような気がする気がするのは
俺だけ?

 打線も、3割を打っているのは金本と赤星だけ。
 今岡も3割打っているイメージがあったのだが、2割8分程度でしかない。

 実際に計算してないからわからないけど、2年前の方がチームの投手成績も
打撃成績もよかったんではないかと・・・

 で、今年の阪神の優勝は中日が勝手にコケただけの事・・・と思ったのだが・・・
 事実そうなのかもしれないということが、以下の事でなんとなくわかるのかな?

 昨日(9/30)時点のセリーグのチーム成績は、

チーム  勝 負 勝率 ゲーム差
阪神   84 53 .613
中日   78 61 .561  7.0
横浜   64 66 .492 16.5
ヤクルト 66 69 .489 17.0
巨人   60 78 .435 24.5
広島   55 81 .404 28.5

であるが、今年新たに始まった交流戦を除いた(つまり、セリーグ同士の対決分)成績
は以下の通りだ。

チーム  勝 負 勝率 ゲーム差
阪神   63 40 .612
中日   63 40 .612  0.0
横浜   45 49 .479 13.5
ヤクルト 46 53 .465 15.0
広島   44 57 .436 18.0
巨人   42 64 .396 22.5

 なんと、中日と勝ち負けが同数である。
 要は、交流戦で調子を上げた阪神と、交流戦を境に調子を落とした中日との差が
優勝を決めたのだ。

 あぁ、スッキリした。
 でも、何はともあれ優勝である。
 あとは、パリーグの代表チームに勝って、思いっきり美酒を飲んでもらいたいものだ。
 でもって、俺も飲みたい。
posted by alessandro at 00:04| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

End Of The Road...

 清原の移籍先 オリックスが本命

 巨人・清原和博内野手(38)の移籍先の本命がオリックスであることが
30日、明らかになった。一方、オリックスの仰木彬シニア・アドバイザー
(SA)は、巨人から戦力外通告を受けた元木大介内野手(33)の獲得に
乗り出す考えを示した。

 巨人退団が確実な清原にはオリックス、楽天が獲得に乗り出す構えを
見せている。だが番長が出す答えは地元でもある関西になりそうだ。


 野村さんに「ピアス外せ」って言われている楽天はないでしょ。

 オリッ鉄は神戸の集客に比べて、大阪ドームでの集客が弱い事が悩みの
ようです。
 その為に仰木監督が就任したんだが、それでも元近鉄ファンが戻ってくる事は
なかったわけで。
 (そのためオリッ鉄は、近鉄選手OBに大阪の企業廻り等の営業をさせるという
仕打ちもあった。)
 「集客力のある選手」を入れる事で、大阪ドームの集客を伸ばそうという
思惑もあるんだろうな。
posted by alessandro at 11:55| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

ARIGATO...

 阪神優勝だ!!

 あとは、1985年以来20年ぶりの日本一だ!!
posted by alessandro at 01:36| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

See The Lights Go Out...

 Andy Bell Signs New Record Deal.

Erasure frontman Andy Bell has signed a worldwide solo recording deal
with Sanctuary Records, and announced details of his debut album,
which will be released on 3rd October 2005, and entitled 'Electric Blue'.

 というわけで、ErasureのVocalistのAndy Bellがソロアルバムを出すようです。
 Erasureの所属するMuteではなく、Sanctuaryとの契約だそうです。

 それに先駆けUKでは本日(たぶん)、先行Single"Crazy"が発売された模様。

 あと、このアルバムにはex.PropagandaのClaudia Bruckenが何曲かで参加
している模様。

 日本ではやたら冷遇されているErasureなので、日本盤が発売されるかどうかは不明。
 (SanctuaryだとBMGか・・・東芝EMIよりは、ちょっとましかも知れないけど、
果たして・・・)
posted by alessandro at 01:06| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

Down Town...

 シュガーベイブ『Songs』30周年記念盤!

 山下達郎・大貫妙子が所属し、大瀧詠一のNiagara Recordsの設立第1弾
アーティストであるシュガーベイブの唯一のアルバムである"Songs"が
30周年記念盤として発売が決定したらしい。

 とはいっても、約10年前に山下達郎が所属するWarner Music Japanから
発売になっており、今も市場に流通しているはずである。

 今回は、大瀧詠一が所属するSMEからの再発である。

 「ボーナストラックも多数収録」とあるが、前回のWarner盤も
デモ音源とかライヴとか計7曲のボーナストラックが収録されている。
 果たして、今回はどんな形になるんだろうか?

 続報が待たれる。
posted by alessandro at 00:14| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

THE マンパワー!!!...

 田尾監督、1年で解任

 っつうか、あの戦力で他のチームと互角に戦えっつうのは無理な話。
 100敗しなかっただけでも、よかったんじゃないの?

 ヴィッセルもそうだけど、楽天にはスポーツチームをマネージメントする
能力がないんじゃないのかな。
posted by alessandro at 23:46| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

Love Train...

 赤い電車/くるり

 電車マニア(らしい)の岸田くんが京急の為に作った曲だそうで。
 曲中に電車の音のサンプリングも・・・(間奏のところの「あれ」かな?)
 PV見ましたが、目が疲れるかも・・・
 京急沿線の風景が(早回しで)見れるんだけどね。

 電車系の曲はいろいろあると思うけど、イメージ的には演歌系が多いと
いう感じなんだけどね。

 昔、店舗勤務していた時に、店内の有線でよく流れていたのが、
東急目蒲線(今は、別な線名になってます。)をテーマにした歌。
 当時の目蒲線のダメッぷりを歌にした曲なのですが・・・
 (確か、東横線や田園都市線と違って、空調もないボロ電車だったらしく、
そんなことを自虐的に歌う曲だったと思いました。)
 有線からよく流れてたって事は、リクエストする人がいたんだろうか?
posted by alessandro at 16:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。