2004年12月15日

Toghther Now...

 先日、「最後」の"Toyota European/South American Cup"が
行われ、PK戦によりFCポルトが優勝した。

 来年からは、世界クラブ選手権に衣替えをすることに
なるのだが、果たしてどうなのだろうか?

 参加チーム数が増えれば、拘束される日数も増える事になる。
 UEFAからは、日程の過密さを理由に難色を示したという
話もある。
 (その後、「チャンピオンズリーグ優勝チーム」への参加義務は
課さないことを条件に、納得したという話もあるが・・・)
 FIFAは、各大陸の優勝チームを参加させる大会を開催する事で、
ワールドカップ級の大会に育てたいという思惑がある。
 果たしてその思惑が通用するのか・・・

 集客力も懸念する材料である。
 今年のトヨタカップは、TVで見る限り空席が目立っていた。
 @ぴあとかを見ても、前日くらいまで「余裕あり」に
なっていたという状況もある。
 これが、ミランとかレアルとかマンUなどのビッグクラブが
参加する大会だと、即完売になるのであるが・・・
 前述の通り、UEFAのビッグクラブが参加を拒むような事態だったり、
UEFA代表がビッグクラブじゃないチームが参加するような事態で、
かつ横浜Mや磐田がアジアで敗退するような事態になった場合は、
集客が厳しいんじゃないかという気がする。

 悲しいけど、そういう事態は起こりうる。

 そんなわけで、トヨタカップの特集インタビュー企画が
こちらにありますので、ご覧ください。

 過去のトヨタカップのDVDはこちら。
posted by alessandro at 12:18| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Brass In Pocket...

 今年のRock And Roll Hall Of Fameが決定しました。
 U2とPretendersが残ったようです。

 で、Sex PistolsやIggy Pop & The Stooges、
Grandmaster Flashなどは、落選してしまったようですね。

 セレモニーは、来年の3月14日にNew Yorkで
行われるようです。
posted by alessandro at 10:15| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

Who Wants To Live Forever...

クイーン、ポール・ロジャースをヴォーカルに迎えて活動再開!

 とりあえずは、第2のThe Firmにならない事を祈ります。
 とはいえ、Rogerがどこかでポロッと言ってしまったらしく、
Brianが釈明してましたが・・・

 ジョン・ディーコンが参加するのかはまだ不明

 既に脱退しているようですが・・・
 エリザベス女王の50周年記念や、南アでのNelson Mandela主催の
ライブの時には、ステージ上にいなかったしね。

 実際、Tourやるとなったら、Bassistも探さないといけません。

 ワールド・ツアーも計画されている模様ですので、
近い将来に来日公演が行われる可能性も高いのかも?


 "Rock Odyssey 2005"(あるのか?)あたりでの上陸だったりして・・・
 (だって、Fujiやサマソニって感じじゃないでしょ?)
 それとも単独公演かな?
 もし来日が実現すると、BrianはCozy Powell存命時の
ソロツアー以来だし、Rogerは奈良のどこかの寺でやった
イベント以来だと思うし、Paul RogersはThe Firmでの
なんかのイベント(でも、来日したんだっけかなぁ・・・)
以来だと思う。

 うーん、でもどうなんだろう?
 なんか複雑な気持ちなんだよね。
posted by alessandro at 23:21| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nightrain...

 Sonicmania出演の為来日する、Velvet Revolver。
 「単独公演してくんないかなぁ〜」と思っていたら、
単独公演が決定です。

 Sonicmaniaも含めた来日日程は、

 02/02/2005(wed)NAGOYA DIAMOND HALL
 02/05/2005(sat)INTEX OSAKA[SONICMANIA 05]
 02/06/2005(sun)MAKUHARI MESSE[SONICMANIA 05]
 02/08/2005(tue)ZEPP TOKYO
 02/09/2005(wed)ZEPP TOKYO

 Zeppって・・・
 すぐ売り切れちゃうんじゃないの?
 もっと大きな箱でやってくれればいいのに。

 Marilyn Mansonも単独公演しないかな・・・
posted by alessandro at 00:37| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

Winner takes It All...

 昨日は、Jリーグチャンピオンシップ第2戦に行って来ました。
 うちの会社の執行役員に、「ここに2枚チケットあるんだけど、
行くんだったらやるよ。」って言われたので、譲ってもらいました。
 (わーい。)

 埼スタは今年3度目。(1st stageのC大阪戦と、PSMのインテル戦)
 当日は休日出勤だったので、仕事が一段落した後に移動開始。
 試合が終わるのが遅そうだったので、なるべく試合後の移動が
スムーズにできるように、武蔵野線東川口駅付近に車を止め、
埼玉高速鉄道で浦和美園駅に移動です。
 (万が一、PK戦になったら試合終了が22:30くらいだし。)
 いつもはシャトルバスでの移動なんで、美園駅利用は初めて。

 スタジアムに徒歩で移動し、いざ自分の席へ。
 今回の席は、メインアッパーのプレス席の真後ろあたり。
 陸上競技用のトラックがある国立や横国と違って、
この辺の席でも比較的見やすいのが、このスタジアムのいいところ。
 席に座って、試合開始を待ちます。

 とはいえ、マリノス側はアウェイゴール裏のほんの少しの
一角のみ。
 あとは一面真っ赤なスタンド。

 途中、女の子が説明に来る。
 「風船があると思うんですけど、(中略)選手入場時に
振ってください。」と。
 でも、俺の席には風船がなかったんだけど、俺の隣の席に
座っていた女の子が「どうぞ」と渡してくれた。

 選手紹介・・・
 アン・ジョンファンもユ・サンチョルも久保もいない
マリノス。(ユ・サンチョルは、第1戦終了後に解雇され
ちゃってましたね。)
 アテネのA級戦犯の那須はやはり使えないのかサブ。
 で、レッズはアレックスがFWで、達也がサブという
布陣。(こっちもこっちで、坪井や山瀬がいないんだが。)

 選手入場・・・
 スタジアム中が真っ赤になる。
 ゴール裏とバックスタンドには人文字が・・・
 (見ていてものすごく綺麗でしたね。)

 試合開始・・・
 ボール支配率や流れは完全にレッズなんだが、
(これは結果的に試合全体がそうなりました。)
中澤がを中心としたDF陣がエメに仕事をさせていない。
 これは今年の負け試合のパターンである。
 あと他の選手も、パスミスやシュートミスが多い。

 線審のオフサイドの判定が酷い。
 松田が手を挙げると、釣られてフラッグを挙げるという
ダメっぷり。
 一方で、マリノスの完全オフサイドのシーンでは、
フラッグを挙げない事が何度かあった。
 主審も、完全ファールのシーンで何度か流していた。

 前半終わって0−0.
 あと45分でレッズは1点取らないと、このまま
マリノスの優勝となる。
 後半・・・
 エメがトップスピードで駆け抜けた瞬間、永輔が倒してしまい、
一発レッドで退場。(レッド覚悟で行った感じかも。)
 で、アレックスのFKがゴールに突き刺さり先制。
 とはいっても、もう1点取らない限りレッズの勝ちではない。

 その後の後半・延長前後半がともに得点をあげることなく
PK戦。
 で、闘莉王と長谷部が外し、終戦。
 ナビ杯での決勝と同じくPK負け。

 とはいえ、来期に課題の残る敗戦である。
 優勝チームであるが故にマークは厳しくなると思うし、
特にエメが止められた時に、チーム全体が機能不全を
起こしているような状況は、勝ち続ける為には克服しなければ
ならない課題だと思う。

 他のチームは来季に向けて始動している。

 まず、エスパルスには健太が監督として戻ってくる。
 アレックスとアン・ジョンファンが抜けた後、補強らしい
補強もしなかった為、下位に低迷していたのだけど、
来季に向けて補強はどうなるのか?
 (セレッソから西澤獲るみたいだけど、使えるのかなぁ・・・)

 ジュビロには、イングランドとデンマークで全く使い物にならず、
失意の帰国(?)をした川口が入団するのだが、一方で2nd Stageから
チーム全体が下降線を辿っている。
 世代交代がスムーズにいってない部分もあるし、チーム全体が
ギクシャクしている印象がある。
 そこでもって、川口の加入である。川口を起用する限り、
失点は格段に増えると思われる。
 チームが崩壊しない事を願うばかりである。

 来期は、アルディージャと(鹿島の鈴木曰く)富士通サッカー部が
上がってくる。
 どうなるのかな・・・
posted by alessandro at 19:05| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

夢で逢えたら...

 元々は、吉田美奈子さんの曲なのだが、その後
シリア・ポール、RATS&STAR、DEEN featuring 原田知世などが
カヴァーしている知る人ぞ知る曲があります。

 この曲の作者は、大瀧詠一。

 最近、某軽自動車のCMに使われているのだが、
歌詞をよく聴いてみよう。

 ♪夢でもし逢えたら 素敵な事ね
  あなたに逢えるまで 眠り続けたい・・・

 本当に眠り続けたら・・・寝坊です。
 気をつけましょう。
posted by alessandro at 01:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月09日

Left To My Own Devices...

at produced by trevor horn#1
(photo l. to r. Neil Tennant[Pet Shop Boys],Nick Beggs[Kajagoogoo])

 Produced By Trevor Horn:Concert For Prince's Trustの
Back Stageでの一コマです。

at produced by trevor horn#2

 新生Frankie Goes To Hollywoodです。
 左側でしゃがんでいるほぼ上半身裸な男性が、このコンサートの為に
オーディションで選ばれた、Holly Johnsonに代わる新Vocalistの
Ryan Molloyくんです。
posted by alessandro at 21:08| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1000 Knives...

YMO絡みな“テクノ歌謡”をCD3枚に集めたコンピ盤発売!

 YMOの歌謡曲仕事を集めたコンピレーションアルバムが
出るんだそうです。
 下に、収録曲があるんだけど、微妙な所で痒い所に
手が届かない選曲になっていたりする。

※痒い所に手が届かない事例
 1.イモ欽は3曲(長江健次脱退後の激レア曲も含め)も
入っているのに、わらべ(めだかの兄妹)が入っていない。
 2.安田成美(風の谷のナウシカ)が入っていない。
 3.教授がレコード大賞最優秀編曲賞を貰った
サーカス(アメリカンフィーリング)が入っていない。
 4.伊藤つかさがない。
 5.蒲池法子関連が、アルバム曲も入っているようだけど
やっぱ、「天国のキッス」「ガラスの林檎」も欲しいよねぇ。
 6.中森明菜(禁区)も入っていない。
 7.前川清が入っているのに、森進一(紐育物語)とか
美空ひばり(笑ってよムーンライト)が入っていない。
 8.岡田有希子(くちびるNetwork)もない。
 9.Stevie Wonderのカヴァーで教授が編曲した、西城秀樹の
「愛の園」が入っていない。
 10.知ってる人は少ないけど、幸宏がピンクレディに書いた
「ラストプリテンダー」が入っていない。
 11.山下久美子(赤道小町ドキッ)が入っていない。
 12.元キャンディーズ藤村美樹の芸能界復帰シングルである、
「夢・恋・人」が入っていない。

 とはいえ、(権利関係もあるので)50曲集めるのは
至難の業だと思うので、関係者のみなさん、
ご苦労様です。

●『イエローマジック歌謡曲』
(01) YELLOW MAGIC CARNIVAL(マナ)
(02) チャイナローズ(金井夕子)
(03) エレクトリック・ラブ・ストーリー(近田春夫)
(04) CARNAVAL(大貫妙子)
(05) IDOL ERA(哀しみのアイドル)(サンディー)
(06) 憧れのラジオ・ガール(南佳孝)
(07) 夜の翼(南佳孝)
(08) AH!SOKA(スーザン)
(09) アパルトマン(ラジ)
(10) ラジオと二人(ラジ)
(11) ユー・メイ・ドリーム(シーナ&ロケッツ)
(12) 浮かびのピーチガール(シーナ&ロケッツ)
(13) 春咲小紅(矢野顕子)
(14) コンピューターおばあちゃん(酒井司優子)
(15) ハイスクール ララバイ(イモ欽トリオ)
(16) ティアドロップ探偵団(イモ欽トリオ)
(17) ティーンエイジ・イーグルス(イモ欽トリオ)
(18) ハートブレイク太陽族(スターボー)
(19) コズミック・サーフィン(コズミック・インベンション)
(20) しあわせ音頭(柏原芳恵)
(21) サマルカンド大通り(スーザン)
(22) ねらわれた少女(真鍋ちえみ)
(23) ロマンチスト(真鍋ちえみ)
(24) 夏の雫(三田寛子)
(25) プリティ・ボーイ…大丈夫(中原理恵)
(26) だって,ホルモンラブ(伊武雅刀)
(27) 哲学しよう(山田邦子)
(28) I LIKE BEST(山田邦子)
(29) 三国志ラヴ・テーマ(小池玉緒)
(30) From Tokyo-Endingテーマはリピートで-(YUMI)
(31) 哀愁のデスマッチ・ラブ(予告篇)(アゴ&キンゾー)
(32) 雪列車(前川清)
(33) わがままな片想い(松田聖子)
(34) ダンスホールで待ちわびて(タンゴ・ヨーロッパ)
(35) 君の名はサイコ(郷ひろみ)
(36) 毎日僕を愛して(郷ひろみ)
(37) 鏡の中の十月(小池玉緒)
(38) まりン(飯島真理)
(39) 王姫様(戸川純)
(40) ピンクのモーツァルト(松田聖子)
(41) リセエンヌ(原田知世)
(42) クララ気分(原田知世)
(43) ファンキーマジシャン(竹中直人)
(44) タキシード・ムーンで夕食を(キララとウララ)
(45) 銀河鉄道の夜(中原香織)
(46) 生意気娘(中原理恵)
(47) SIAM PARADISE(少女隊)
(48) 天使のゆびさき(西村知美)
(49) NEO-PLANT(如月小春)
(50) 時代よ変われ(つみきみほ)
posted by alessandro at 09:36| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

One...

 前回の投稿で300回になりました。
 でもって、今日がこのBlogを立ち上げてちょうど1年になります。

 我ながら、よく続いたものだと感心しております。

 とりあえず、今"Live Aid"のDVDの4枚目を見ています。
 ちなみに今は、2頭の恐竜(MickさんとTinaさん)が
ステージ上で暴れまくっております。

 近日中には、何かしら書ける様努力します。
posted by alessandro at 23:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

It Doesn't Often Snow At Christmas...

PSB christmas cards

 (↑これ、1991年のクリスマスカードだそうです。)

 今年もこんな季節になってきたと思いますが、
みなさんはどんな感じなんでしょうかねぇ・・・

 いろいろなアーティストがChristmas Songを
発表しています。
 Last Christmas/Wham!やDo They Know It's Christmas?/Band Aid、
Happy Xmas(War Is Over)/John Lennonなどはもう、
現代のスタンダードだし、日本で言えば山下達郎とか、
佐野元春とかユニコーンとか坂本龍一などが、有名だったりします。

 一方、ファンクラブ限定でクリスマス限定のシングルを
発表する人たちもいます。
 古くは、The Beatlesが1963年からの7年間、毎年のように
クリスマスシングルを発表しました。(解散が秒読みだった
1969年も発表しています。)
 他にも、Brian Adamsだったり、Daryl Hall/John Oatesとか、
最近ではPearl Jamとか・・・

 そんな中で、Pet Shop Boysも1997年にChristmas Songの
CDをファンクラブ(UK)会報に同封しました。
 音源に関しては、僕自身も耳にし、(コピーですが)音源も
手に入れています。
 (本物の音源を手に入れるべく過去にいろいろ調べたら、
日本円で1万円とか2万円とかでしたね。)
 音自体がレアな為、人々の前でパフォーマンスする事も、
あまりないわけですが、そんな映像がUpされていました。
 それが、こちら
posted by alessandro at 00:31| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

Set Me Free...

 げっ、Velvet Revolver来るのかよ!

 Sonicmaniaに来るんだと。
 Marilyn Mansonと同じ日らしい。

 行こうかなぁ・・・
 どうしようかなぁ・・・

 でも、できるならMarilyn MansonもVelvet Revolverも
単独公演で見たいしなぁ・・・

 とりあえず、悩み中です。
posted by alessandro at 23:41| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Harajuku Girls...

gwenstefani

 No DoubtのVo.である、Gwen StefaniのSolo Albumが
発売された。
 Bookletとかを見ているとあちこちに日本語が・・・
 収録曲には「原宿ガールズ」なんてのもある。
 (原宿を歩いている女の子達にインスパイアされたのだとか。)

 参加しているProducerやArtistのリストだけど、

 Nellee Hooper
 Dr.Dre
 The Neptunes
 Dallas Austin
 Jimmy Jam/Terry Lewis
 Andre 3000(Outkast)
 Wendy Melvoin(ex.Prince And The Revolution)
 Lisa Coleman(ex.Prince And The Revolution)
 Peter Hook(New Order)
 Bernard Sumner(New Order)

という面々である。

 他にもRobert Smith(The Cure)やPrince、Missy Elliott
とかにもオファーしたが、スケジュールがあわなくて
お流れになったとか。

 BillboardのAlbum Chartで初登場7位、Singleも
Club Play Chartで3位という好スタートである。

 1st Single"What You Waiting For?"のVideoは、こちら
"Harajuku Girls"のPerformanceはこちらで。
posted by alessandro at 21:38| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

Love Like Crazy...

安倍なつみ紅白辞退、1月まで活動自粛

紅白には後藤真希と松浦亜弥と安倍の3人のユニット
「後浦なつみ」として出場予定だったが、後藤と松浦が
ユニットを組んで出場する。


 「恋愛戦隊シツレンジャー」じゃなくて、彼女達の
ソロ曲のメドレーって話もあるらしいね。
 ということは、「Yeah!めっちゃホリディ」(松浦)と
「原色GAL派手に行くべ」(後藤)のメドレーかな?
 両方とも今年の曲じゃないけど・・・

 そんなんだったら、「ごまっとう」で出りゃいいじゃん。
 モー娘。から、みきてぃを借りてさ。

 そんなモー娘。も今年が最後だろうしね。
 Wとセットで出るらしいけど、何を歌うつもりなんだろう?
 娘。の曲は「愛あらばIt's Allright」か「浪漫-My Dear Boy-」
だったら納得だけど、「涙が止まらない放課後」は辻と加護には
関係ないからね。

 っつうか、あそこでモー娘。史上最低売上シングルを歌うのは、
やっぱ変でしょ?
 万が一、「涙が・・・」を歌って、来年から出れなくなったら
出れなくなったで、「紺野『モー娘。クラッシャー』伝説」に
新たな伝説が追加されるわけだけどね。
posted by alessandro at 06:28| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

Boogie Wonderland...

 今年もまた、この時期恒例のライブが行われました。

 Act Against Aids...

 1993年から毎年、世界AIDSデーである12/1の前後に
行われているコンサートである。

 最初の頃は、いろいろなアーティストが出ていたように
記憶しているが、年々様変わりをしており、最近では
岸谷五朗、寺脇康文の2人が中心となって行われている。

 その一方で、桑田佳祐は毎年一つのテーマの下に
パシフィコ横浜で公演を続けている。

 下記がテーマのリストである。
 (調べてきました。)

1996 夷撫悶汰レイト・ショー 〜長距離歌手の孤独 in Jazz Cafe〜
1997 歌謡サスペンス劇場
1998 オール リクエスト ショー
1999 エリック・クラプトソ横浜公演
2000 20世紀ベストソング
2001 「クワガタムシ 対 カブトムシ」〜桑田佳祐PLAYS “ザ・ビートルズ”〜
2002 (桑田氏の単独公演はなく、AAA武道館公演に飛び入り。)
2003 「栄光の DISCO & SOUL」
2004 THE GOLDEN AGE OF BRITISH ROCK〜愛と青春の英国ロック〜

 1999年の公演は確か、Eric Claptonの来日公演直後に行った
公演で、全編Claptonの曲やってたし、2001年の公演はその直前に
George Harrisonが逝去し、そのショックを乗り越えての公演だった
ということだ。

 昨年は全編Disco大会で、途中で確かパパイヤ鈴木が飛び入りした
気がする。

 で、今年である。
 TVで断片的にしか見ていないのだが、Rolling StonesやThe Who
とかSex PistolsやQueenとか、とにかくUKロックのオンパレードである。

 見ていて思ったのは、「この人は音楽が好きなんだなぁ・・・」と。

 果たして、来年はどんなテーマでやるのだろう・・・

 っつうか、再放送しないのかなぁ・・・(ちゃんと見てみたい。)
posted by alessandro at 23:37| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Don't Leave Me This Way...

 The Daily Telegraph UKがCover SongsのBest 50
発表したそうです。

1 All Along the Watchtower - Jimi Hendrix Experience, 1968
orig. Bob Dylan, 1967
2 Always on My Mind - Pet Shop Boys, 1987
orig. Elvis Presley, 1972
3 My Way - Sid Vicious, 1979
orig. Frank Sinatra, 1969
4 Hallelujah - Jeff Buckley, 1993
orig. Leonard Cohen, 1984
5 Respect - Aretha Franklin, 1967
orig. Otis Redding, 1965
6 Tainted Love - Soft Cell, 1981
orig. Gloria Jones, 1964
7 Mr Tambourine Man - The Byrds, 1965
orig. Bob Dylan, 1964
8 Twist and Shout - The Beatles, 1963
orig. The Isley Brothers, 1960
9 Comfortably Numb - Scissor Sisters, 2004
orig. Pink Floyd, 1979
10 Mr Bojangles - Nina Simone, 1971
orig. Jerry Jeff Walker, 1967
11 Will You Still Love Me Tomorrow - Roberta Flack, 1971
orig. Shirelles, 1960
12 One - Johnny Cash, 2002
orig. U2, 1991
13 My Favourite Things - John Coltrane, 1960
orig. Rodgers and Hammerstein
14 Rocket Man - Kate Bush, 1991
orig. Elton John, 1970
15 Wild Horses - The Flying Burrito Bros, 1971
orig. The Rolling Stones, 1970
16 Billie Jean - Shinehead, 1984
orig. Michael Jackson, 1982
17 Mad World - Gary Jules, 2003
orig. Tears For Fears, 1982
18 Just Can't Get Enough - Nouvelle Vague, 2004
orig: Depeche Mode, 1981
19 Sweet Jane - Cowboy Junkies, 1988
orig. Velvet Underground, 1970
20 Police and Thieves - The Clash, 1977
orig. Junior Murvin, 1976

 とりあえず、上位20曲だけ・・・
 個人的に意外な順位だったのは、Sid Vicious(っつうか、
Sex Pistols名義じゃないのね。)の"My Way"だったり、
Scissor SistersのPink Floydの"The Wall"albumからの
曲だったり・・・かな。

 だいたいはオリジナルの方が有名だったりするけど、
カヴァーの方が有名なのは、Pet Shop Boysだったり、
Soft Cellだったり、The Beatlesだったりする。

 僕も含めて、「あれが入ってないじゃん!」なんてのもあるだろうしね。
posted by alessandro at 22:30| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

Shine On You Crazy Diamonds...

ピンク・フロイド、コーラスの子供達が印税を要求

 この話って、今から25年前のUS & UK No.1 Singleである、
"Another Brick In The Wall Part.2"で、バックコーラスを
した子供たちの訴えなのだそうだ。

 記事の中で、

このレコーディングにより当時、学校は1,000ポンドを受け取ったものの、
子供達には何も支払われていない。


ということで、今回の訴えに至ったようなんだが・・・

 曲を作ったRoger Watersは、どう思っているんだろう?
posted by alessandro at 23:53| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月30日

Two Tribes...

HD DVD陣営、ハリウッド4社から支持を獲得

 Warner Bros.、Universal、Paramount、New Line Cinemaの
4社がHD DVD側についたそうです。
 あくまでも興行収益のシェアで考えるとHD DVDが優位になった
という報道が目立ちますね。

 一方のBlu-ray側には、SPEとMGM(SPE傘下になったから当たり前か)と
Foxがついているんだそうです。

 あとは、態度を表明していないDisneyがどちら側につくかが
焦点なんだとか。

 とはいえ、このままだとVHS vs, BETA、LD vs.VHDの再燃が
懸念されるわけだけどね。
 学生のとき、Sonyの販社でバイトしていた時はもう、据置型と
してのBETAが完全に劣勢になっていて、仕方ないんでHandy Cam中心に
売ってましたっけ。
 (たまに、お客さんからED-BETAの問い合わせはあったけど、
店頭にデモ機を置いている店はなかったからねぇ・・・)

 Blu-ray陣営としては、普及を早める為に次世代Play Stationに
採用が決まっているようだし(Sonyだから当たり前か・・・)、
しばらくは混沌とするようです。

 っつうか、もし買うとしても、方向性が固まるまでは
買わないほうがいいと思うよ。
 負け組は、BETAやVHDのユーザーみたいになりますから・・・
 (中古ソフトを売るにも売れないとか、改めてソフトを
買いなおさなくちゃね・・・とかね。)
posted by alessandro at 10:33| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月27日

Roxanne...

live aid #1

 昨日あたりから、"Live Aid"のDVDを見ている。
 とはいえ、4枚あわせて計約10時間である。

 とりあえず、Disc 1は見たものの、あと3枚。
 来週中くらいまでには見終わりたいものである。

 19年前の記憶なんて残酷なもので、今となっては
覚えているシーンもそう多くはないのだが・・・

 というわけで、全部見た時点で改めて触れようと思います。
 しばしお待ちください。
posted by alessandro at 00:13| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

Glow Old With Me...

 先日、「ドラえもん」の声優陣交代を話題にしたかと思いますが、
いろいろ調べていたら、他の番組でも結構シャレにならない事実が
判明しました。

 まずは、「サザエさん」。
 サザエ:65歳(最近では、「大改造!!劇的ビフォーアフター」のNAも。)
 マスオ:68歳
 タラちゃん:63歳
 波平:73歳
 フネ:78歳
 カツオ:38歳(前任者の高橋和枝さんは、病気降板→逝去。享年70歳。)
 ワカメ:66歳

 となってます。(その周辺の人については、省略。)

 次に、「ルパン3世」。
 ルパン:46歳(初代はご存知、山田康雄さん。享年62歳。)
 次元:71歳
 五右衛門:64歳
 不二子:68歳
 銭形:75歳

 その他、「銀河鉄道999」。
 メーテル:65歳
 鉄郎:68歳(「ドラゴンボール」の悟空でもあります。)
 車掌:69歳(「ドラえもん」のスネオでもあります。)

 「宇宙戦艦ヤマト」。
 古代進:享年57歳(もう逝去されてから9年にもなるんですね。)
 森雪:52歳(意外と若い。)
 島大介:69歳
 真田志郎:68歳
 佐渡酒造:73歳
 沖田十三:75歳(銭形警部でもあります。)
 スターシャ:享年48歳(20年前に逝去されてます。)
 デスラー:55歳("Snakeman Show"で活躍した伊武雅刀氏。)

 ヤマトや999がもう20〜25年くらい前の作品である分、
声優陣を交代してリメイクすることは可能かもしれないけど、
ドラえもんやサザエさんは現在進行形なわけだし、
ルパンはレギュラーではなく、年に2作くらいかもしれないけど、
いまだにやっている意味で言えば、現在進行形である。
 (おまけに、これらのキャラクターのどれもが、アニメ上では
歳をとらない。)
 そういう意味では、声優っていうのは職人芸だよね。
 だからこそ、交代が難しいといえる。
 ドラえもんやルパンは、声がキャラクターの個性そのものだからね。
posted by alessandro at 12:02| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

Poison...

 ElectraglideのTime Tableが発表された。
 とはいっても、今年は行かないのだが・・・

 昨年は、Underworld,Futureshock,2manydjsが
個人的なベストアクトでしたが、今年は果たして・・・

 今年は2manydjsはこんなに早く出てきちゃうんだね。
 ということで、Time Tableです。

 Hexstatic@DJ Stage[90 min]
 LCD Soundsystem@Live Stage[60 min]
 2manydjs@DJ Stage[90 min]
 Prodigy@Live Stage[90 min]
 Darren Emerson@DJ Stage[105 min]
 !!!@Live Stage[60 min]
 Tim Deluxe@DJ Stage[105 min]

 この感じだと、2manydjsから!!!までの4アクトを
メインに盛り上がる人が多いのかな?

 Prodigyだけが目当ての人(結構いると思うが)は、
これだと始発までちょっと時間がある感じかな・・・
 ま、昨年のUnderworldだってその辺の時間に出てきた
からねぇ・・・

 もし、これを読んでいる人で今年初めて行こうと思う人は、
(毎年話題になるけど)ごみの量の酷さには、驚くと思いますよ。

 あと、モッシュしながら煙草吸ってる奴がいるので、
火傷しないように気をつけた方がいいかも。
 (フロアガイドを見る限り、喫煙スペースは別にあるけど、
所かまわず吸ってますので・・・)
posted by alessandro at 23:12| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。