2005年10月29日

朝日を見に行こうよ...

 SMAP、ニューシングル&ドラマDVD!

 なんだか、昨年末にやったドラマのDVDなんだそうですが、
世の中のSMAPファン的には、「古畑任三郎 x SMAP」のDVD化を
望んでいる人が多いんじゃないか・・・と。
posted by alessandro at 11:34| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

Nevermind...

 元木大介内野手が現役引退を表明

 っつうか、元巨人の方がタレント活動しやすいもんな。
 デーブ大久保しかり、定岡しかり・・・

 だって、元巨人って肩書きがなければ、誰も相手にしないしな。
 元巨人ってだけでテレビ番組に使う、日本のテレビ局もバカだよね。

 本当に野球が好きだったら、他の球団に行ってでも野球をやるはず
だと思うけどね。
 今、巨人にいる選手の中で野球が好きでやってるやつなんて、
ほとんどいないんじゃない?
 だから勝てねぇんだよ。

 巨人なんて、プロ野球なんて名乗るのやめて、一生ジャニーズとかたけし軍団とか
タレントとでも野球やってれば?

 でもまぁ元木の場合は、奥さんが元局アナだから夫婦で番組とかやったりして・・・
posted by alessandro at 02:41| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

Poison...

 「女王の教室」

 ちゃんと見たのは、実は今日が初めて。
 (何回目かの時にやった過去のダイジェストは一応見た。)

 真矢の毒の強さに、視聴者の意見は2分したらしいね。

 特に、子を持つ親は否定的な意見が多かったと聞く。
 あまりの反響の大きさにスポンサーもビビッたらしい・・・

 でも、やり方には毒が強かったとはいえ、真矢の発言には結構的を得た部分も
あるんじゃないのかな?

 でもまぁ、最後まで子供たちの前では「真矢」のままだったわけで・・・
(「仰げば尊し」に感極まるシーンでは、子供たちに背を向けたままだし、
最後の和美とのシーンも、笑ったところは和美には見られていない。)

 ドラマの終わり方としてはあれでよかったと思う。
posted by alessandro at 01:40| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

Sing Sing Sing...

 「はねトび」また“出世”!10・19ゴールデン進出

 この番組あまり見たことがないけど、確か今年の正月の「かくし芸大会」で
逆さ吊りになって"Swing Girls"やってた人たちだよね?

 とはいえ、夜遅い時間(とはいっても、決して遅い時間帯じゃないけど)から
安易に早い時間帯に移るというのはどうなんだろう?

 うまくいっている番組がある一方で、失敗して早々打ち切りになる番組も
あったよね。

 「ボキャブラ」、「笑う犬」、「ヘキサゴン」などが、失敗例かな。
 
 「愛エプ」なんて、土曜の深夜の方がよかったっていう意見も多いしね。

 早い時間に移ることによって、見れなくなってしまう人も結構いるだろうし、
「ヘキサゴン」みたいに、番組のテイストそのものが変わってしまう事に
抵抗感がある人も多いと思うのだ。
 (「紳助、喋りすぎやん」って思うことも結構あったよね?)

 他にも「マシュー」がゴールデンに移るそうだけど、どうなんだろうね。
posted by alessandro at 13:37| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

Chariots Of Fire...

 そんなに見ていたわけじゃないけど、「24時間テレビ」。
 (「平成」と「阪神」を見ながらだったんで。)

 最後の方は、「SMAP祭り」になっちゃってましたね。
 「がんばりましょう」の時に、加山雄三が一瞬ぬかれましたが、
不機嫌そうな顔をしていたのは気のせいでしょうか?
 その後、SMAPのメンバーしか映していなかったので、再確認する事は
できなかったのですが。

 もしそうだと仮定して、「サライ」の後に「世界に一つだけの花」を
歌ったのも気に入らなかったりして・・・

 丸山弁護士は、お疲れ様。
 ここまでやったら、来年は普通に誰が走っても面白くないので、
「脳梗塞のリハビリ」と称して長嶋茂雄に走らせるとかっつうのは
どうなんだろう?
 最高齢記録は更新だし、ゴールでいつも以上に徳光が大泣きするん
じゃねぇの?
 ゴールで待つのがもどかしくて、武道館の近くから徳光が大泣きしながら
併走するとかさ。
 そのくらいの事でもしたら、長嶋世代には大うけで視聴率も募金額も
うなぎ登りだったりとかさ。
 でも、それ以外の世代にはまったく受けないだろうけど。(笑)

 おいらが唯一よかったなと思ったのは、川嶋あいちゃんの話かな。
 彼女のHPとかBlogとかでだいたいの話は知っていたんですが・・・

 そういえば、女子アナが西尾ちゃんに代わってましたね。

 追伸 アクセスランキング1位が「女王の教室」だ・・・
posted by alessandro at 23:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

25 Or 6 To 4...

 ちょっと気になったので・・・

 CXの「25時間テレビ」を見て思うこと。

 鶴瓶、イラネ。

 あれやったら、さんまのドラマを延々と25時間流したらええんとちゃうの?

 お笑いだけのキャストには問題あるけど・・・
posted by alessandro at 13:05| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

Don Juan...

 さっき、「トリビアの泉」でDerek Jarmanの遺作"Blue"に関するトリビアが
出ていて、八嶋くんが彼のプロフィールを説明してたんだけど、ちょっと
違うんじゃない?

 「映画監督の前には、Pet Shop Boysのステージの・・・」

 確かに、Pet Shop BoysのTourの構成とかしていたけど、その時点で既に
映画監督としての実績はあったわけで・・・

 とりあえず気になったので書いてみた。

 あと、音楽関係仕事で言えば、The Smithsの"The Queen Is Dead"のVideoも
やってます。

 ちなみに、Derek JarmanのFilmographyは、こちら

 あと、極左監督の井筒さん・・・他の映画の事をとやかく言う資格はないと思うが。
posted by alessandro at 22:36| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

Ez Do Dance...

♪(Let's go!)
 Won't you take my hand
 For I will be your man
 So tonight we gonna dance the night away
 One and one is two
 Don't you be so cruel
 Synchronize this love is what we've got to do
 All the time we'll be together
 'cause it's yours and mine
 Forever we're in this love thing...

takefujidancers.jpe

 っつうことで、ひっそりと「武富士ダンサーズ」復活との事です。
 例の不祥事以来の復活なのですが、何故ひっそりと・・・なのか?

 理由は、例の不祥事もあるんでしょうけど、年々業界全体に風当たりが強くなり、
TVでのon airが難しくなっているとの事。

 というわけで、以下のような限定した展開になるようです。

 「新・武富士ダンサーズ」のメディア露出予定
 ●今季公開予定のシネアド
 ●渋谷109「109フォーラムビジョン」(東京都渋谷区)を始めとした屋外ビジョン
 ●新聞・雑誌・交通など各広告媒体
 ●武富士ダンサーズウェブサイト

 曲は、毎度おなじみJoe Rinoieの"Synchronized Love"のNew version。
 Choreographerは、TRFのダンサーチーム(SAM・ETSU・CHIHARU)の3人。

 とはいえ、TRFってここ数年新曲が出ていないと思うんですが・・・
 a-nationには毎年出ているし、choreographerとしての活動はしているのだけど。
posted by alessandro at 13:31| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

Don't Trust Over Thirty...

 摩邪が氣志團話を暴露

 日本テレビ・読売系「エンタの神様」で人気の摩邪(29)が5日、
東京・渋谷の書店で初のネタ本「って言う女!」発売記念握手会を行った。

氣志團・綾小路翔は中学時代の同級生。「久しぶりに会ったら"(お金は)
もらえてるのか?"と聞かれた」と会話をばらしていた。


 彼女のネタ的に言わせて貰えば、

「29?ハァ?」

って感じなんだけど・・・

 確か以前、波田陽区が番組のネタで氣志團を斬ったんだけど、

「メンバー全員30代ですから、残念!」

って斬った記憶があるんですが・・・

 果たして真相は?
posted by alessandro at 05:53| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

Rock Me Amadeus...

rock_me_amadeus.jpe
 この写真は以下の内容とは関係ない・・・はずです。

 リクルート「ホットペッパー」CMの新しいのが流れています。
 いつものようにアテレコなのですが、ありえないはずなんだけど、そんな
やり取りに見えてしまうところが、このCMの売りなんでしょうけどね。

 というわけで、過去のCMも含めてこちらでみれますので・・・

 それにしても「♪居酒屋クーポン・・・」の続きの歌詞は、どんなんだろ?

追伸 どうでもいいことですが、この前の投稿で500個目になりました。
 一見さんも常連さんも、読んでくれて感謝・・・です。
posted by alessandro at 00:08| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

Fresh...

c01.jpe

 上のCMの絵のふかわりょうの着ている物に注目!

 最近気づいたのですが、Andy WarholデザインのVelvet Underground And Nicoの
ジャケTです。
 ふかわがVelvetsのファン? それともWarholが好きだったりするの?
 まさか違うよねぇ・・・

 おいらはスタイリストの趣味だと思うんだが、真相はどうなんだろう?

 そんなCMのFull Versionはこちら
posted by alessandro at 13:15| 埼玉 ☁| Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

Never Enough...

 カープ劣勢CM「不快」 スポンサーが謝罪

 日本テレビ系列の巨人―阪神戦で放映された炭酸アルコール飲料のCMで、
広島東洋カープが巨人に屈する場面をつないだ映像が使われ、ファン約百人が抗議。
スポンサーのサッポロビールが謝罪していたことが二十六日、分かった。

 二十一日の東京ドームのナイター中継で流れた「ドラフトワン」のCM。
開幕の巨人―広島三連戦で、嶋選手の三振や黒田投手が高橋由伸選手に本塁打を
浴びた場面が編集され、「すっきり」と締めくくる。実際はカープが三連勝した。

 カープや阪神ファンらから「不快だ」などのメールがサッポロビールに寄せられ、
抗議は電話も合わせ計約百件に上った。同社は個別に「配慮を欠いた」とわびた。


 日テレはこんな事までもして、讀賣戦の視聴率を稼ぎたいんでしょうが、
結局は逆効果。

 視聴率が伸び悩んでいる現状に、久しぶりに讀賣戦の放映権を獲得したテレビ東京の
社長が後悔の念をあらわしたそうですが・・・

 何試合かTV放送を見た感想を述べると、番組の作り方が、讀賣ファンに媚を
売っているような印象で、相変わらず旧態依然としているな・・・という感じ。
 その代表例が、CXでの大久保博元氏の起用であり、テレ朝での長嶋一茂氏起用
というあたりではないだろうか?
 讀賣ファン以外の人間にとっては、彼らの喋る内容は不快以外の何物でもないし、
日テレ以外の他局がそこまでする必然性があまり感じられない。

 そういう状況の中、NHKが唯一そこそこの視聴率を稼いでいるのは、民放のように
あまり讀賣ファンに媚を売っていないからじゃないかと思う。

 というかね、プロ野球(というか讀賣戦)って地上波で全国放送する必然性が
薄れているんじゃないかと思う。
 讀賣戦は、関東ローカルで十分じゃないかって思うのは俺だけではないはず。

 その証拠に、いままで満員の観客を集めていたヤフードームでの先日の讀賣戦が
空席が目立つ結果だったり、昨年の宮崎遠征もダイエー(現ソフトバンク)主催の
ゲームよりも客が入らなかったりという状況である。
 そのうち、地元にチームができた北海道や東北への讀賣主催の遠征なんかも
空席が目立つようになるんじゃないかと思う。
 (讀賣的には、新聞購読者拡大のための大切なキラーコンテンツとして重要な
位置づけのようですが・・・)

 だって、メジャーじゃありえないでしょ?
 ヤンキースタジアムでドジャースの主催ゲームとか、反対にドジャースタジアムで
ヤンキースの主催ゲームとかって絶対にありえないわけじゃん。
 日本だけが特殊なんだろうけどね。
posted by alessandro at 13:50| 埼玉 ☁| Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

Devil Inside...

 俺@仕事中。

 そういえば昨日、「トリビアの泉」を見ていたら、番組のエンディングに
「ニャホ・ニャホ・タマクロー」の歌が・・・。
 気が付いたら、いつのまにか歌詞が増えてやんの。

 それはともかく、「ヘキサゴン」である。
 高島彩がまた優勝した。確か、いまだに無敗じゃなかったかな?
 昨日の場合は、吉田秀彦が早くに消えちゃうし、サクが最後まで残ったのは
意外だったけどね。

 とはいえ、高島アナって駆け引き上手っつうか、相手を見るときの表情に
相手がやられちゃってるんじゃないかって気が・・・
 (昨日の最後のサクとの駆け引きなんてまさに・・・)
 まさしくあの表情は「めざまし」の時の彼女ではなく、「アヤパン」の時の彼女である。
 うまく表現できないけど、ちょっと小悪魔入っている感じ・・・ね。
posted by alessandro at 13:14| 埼玉 ☁| Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

Why?...

 あれっ?「ヘビメタさん」始まんないじゃん。
 と思ったら、特別番組が長くて、30分押しで始まるらしい。

 そういえば、「WBS」も遅れて始まっていたなぁ・・・

 でも・・・

 「やぐちひとり」と重なるじゃん!!(涙)

 どうしよう・・・
posted by alessandro at 01:11| 埼玉 🌁| Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

Figure Of Eight...

 ♪光る海 光る大空 光る大地
  ゆこう 無限の地平線

 今、NTT東日本(だけだよね)のFLETS光のCMでSMAPが歌っている
上記の歌ですが・・・

 どこかで聴いた事があるな・・・と思い、いろいろと調べてみました。

 1.プロ野球元讀賣の原辰徳選手の応援歌として、一時期使われていた。
 2.元々は、俺が生まれる前に放映していた「エイトマン」というアニメの主題歌。
  (原が背番号8だったから使われていたって訳ね。)
 3.この曲の作曲者は、全盛期のクレイジーキャッツの楽曲を主に手がけていた
 故萩原哲晶氏で、この人は後に大瀧詠一Prod.の「イエローサブマリン音頭」の
 編曲もなさっていました。(「イエローサブマリン音頭」を歌っていたのは
 演歌歌手の金沢明子。)
 4.この曲の作詞者は、「ゲバゲバ90分!」とかに出演していた(とはいっても、
 リアルタイムで見たことはない。)前田武彦氏。
 5.歌っていたのは、克巳しげるという歌手。この人、いろいろと事件を起こしてます。

 とりあえず、そんなところかな・・・
posted by alessandro at 10:18| 埼玉 ☀| Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

Chinese Whispers...

 ちょっと古い話題であるが・・・

 「ASAYAN」の前身である、 「浅草橋ヤング洋品店」がDVD化されるそうだ。
 当時の「浅ヤン」は、周富徳・周富輝兄弟(あと弟がもう一人いたっけな)と
金万福による中華対決だったり、城南電機の故宮路社長が出てきたり、
江頭2:50がブレイクしたのがこの番組だったり、新加勢大周こと坂本一生が
出ていたりしてました。

 その後、1995年秋から番組後半を小室哲哉がスーパーバイザーとして参加した
オーディションコーナー「コムロギャルソン」という状態になり、
(ここからは、小室の前妻であるAsamiや後のKABAちゃんが所属したdosがデビュー)
1996年春からは「夢のオーディションバラエティ ASAYAN」として、リニューアル。
 モーニング娘。や太陽とシスコムーン、鈴木亜美、CHEMISTRY(この時の
オーディションには、後にEXILEに参加するATSUSHIも参加)などを輩出する
オーディション番組として、生まれ変わってしまったわけだ。

 今となっては、「浅ヤン」出演者をTVであまり見かけなくなりましたが、
興味のある人はどうぞって感じかな。
posted by alessandro at 23:05| 埼玉 ☔| Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

マンPのGスポット...

 「ええか? ええのんか?」

 鶴光の出ているFrom AのCMであるが、これを知っているのって、
「鶴光のオールナイトニッポン」を聞いているであろう30代以上だと
思っていたら・・・
 先日、30代前半の人に聞いたら、「そんなん、知らん」と言われてしまった。

 実際、どうなんやろ?

 っつうか、From Aってアルバイト雑誌のターゲット層って、20代までやろ?
 決して、30代以上が読む雑誌ではないはずや。
 最近、ターゲット層がよくわからんCMが増えてきているような感じがする。

 その象徴が、ペを使っているCMや。
 ペといえば、40代以上のおばさんに人気のある人だと思うんだけどね。

 ペのCMといえば、
 1.大塚 オロナミンC
 2.ソニー ハンディカム
 3.ダイハツ ミラ
 4.ロッテ フラボノガム
 5.ピザーラ
だと思うんだが、これらの商品の企業の人はマジで40代以上のおばさんに
商品を買ってもらいたいのだろうか?

 でも商品を買わせたところで、ハンディカムなんて使いこなせないだろうし、
フラボノガムを噛もうにも既に歯はガタガタだろうし、軽自動車に乗せた所で
ふだんの傍若無人ぶりを発揮すれば交通事故が増えるだろうし・・・
 おばさん向けのピザメニューってあるのだろうか?

 ふつうCMを作るには、どういうターゲット層に売りつけたいのかって
いうことでコンセプトが決まるはずだし、「誰を使おうか?」って
話になるのだと思うんだが・・・

 そういう意味では、「なんでもかんでも上戸彩」っつう状況も変だ。
 これは是非、機会を改めて・・・
posted by alessandro at 00:00| 埼玉 ☀| Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

Spring Rain...

 今、残業中・・・

 今日1日、「ニャホ・ニャホ・タマクロー」(@「トリビアの泉」)が頭から
離れなくて困ってます。

 早く帰ろうっと。
posted by alessandro at 19:59| 埼玉 ☀| Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何度でも...

 この時期になると、どこもかしこもドラマが最終回になる訳だけど、
あまりドラマを見ない自分でも、最終回だけは見たり・・・とかあったりする。

 11〜12回しかないから、1度見逃すとストーリーが分からなくなったり
するから、あまり積極的に見ないわけだけど・・・
 どうせビデオに録っても、見なかったりするしね。

 このクールで比較的見ていたのは、「救命病棟24時」だったりしたんだけど、
最終回はどうだったんだろう?
 帰ってきたのが夜10時過ぎだったんで見ることができなかった。
 確か、その前の週は賞味期限を1週間も過ぎたおむすびを食って、食中毒に
なったところで終わったんだった気がするけどね。

 江口の医者姿が、その前にやった「白い巨塔」とかぶって見えたりするのは
ご愛嬌だったけどね。

 そういえば、「ごくせん」の最終回のエンディングってどうなったの?
 全く見てなかったんだけどさ。
 最終回だけは、K-1やスケートを見ながら見ていたけどさ。
 ジャニーズJr.が卒業証書を井上順に貰ったところまでしか見てないんだよね。

 とりあえずは、そんなところです。
posted by alessandro at 06:06| 埼玉 ☔| Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

Pressure...

 声優決定「ドラえもん」38歳若返り

 最年長が32歳で最年少が14歳(っつっても14歳には見えないが)。
 この5人はこれから、大役とひきかえに、大きなプレッシャーと
戦っていくわけです。

 テレ朝のHPには、5人の写真があります。

親子で語りあえる“2世代キャラクター”から、さらに“3世代以上に
渡って愛されるキャラクター”へと成長していくため、大胆リニューアルを
果たします。
 (テレ朝 談)

 年齢構成を見る限り、これから30年経っても最年長の人で62歳ですからねぇ。
 どんなに視聴率が低かろうが、テレ朝を代表するコンテンツとして、
続けていく気なんでしょうね。
 (原作者は、とうにこの世に存在しないのですが・・・)
posted by alessandro at 17:20| 埼玉 ☁| Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。