2005年06月28日

The Arms Of Orion...

PARTYMAN.jpe

 "Batman Begins"・・・
 Florent Dabadieさんも絶賛してました。

 とはいえ、"Batman Forever"と"Batman & Robin"はやはり不評なのですね。
 今作に出たLiam Neesonもインタビューで、

「観たことは観たけれど、正直あまり好きではないんだ。特に3作目と4作目は
全然好きじゃないね。1作目と2作目も、まあ、OKかなというくらいだよ。」

と、答えています。
posted by alessandro at 06:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

Batdance...

batdance10.jpe
 ↑
 貴さ〜ん、チェ〜ック!!(わかる人にしかわからないかも・・・)
 っつうか、このVideo Clipから16年経ちましたね。

 昨日、"Batman Begins"を見てきた。

 過去4作の続編ではなく、過去4作そのものをすべてリセットした作品である。
 (映画という意味でいえば、Tim Burton版も好きですよ。)

続きを読む(微妙にネタバレあり・・・かも)
posted by alessandro at 19:16| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

時をかける少女...

tokikake.jpe

“時をかける少女”原田知世が結婚!公式HPで発表

 といっても今、彼女のOfficial Pageにはつながりません。

 「時をかける少女」からもう22年が経つんですね。
 あの映画のエンディングは、今見ても胸がキュンとしてしまいます。
 その後、何度かリメイクされてますけど、知世ちゃんVer.を超えるもの
には出会っていません。

 大林監督の故郷である尾道を舞台にした、尾道3部作の一つ。
 あのストーリーと尾道の風景がうまくかみあっているし、尾道以外の
場所を舞台にした「時をかける少女」にはいまいち違和感を感じるのが
理由なのかもしれない。

 90年代以降は、女優というよりもミュージシャンのイメージが強くって、
トーレ・ヨハンソンや鈴木慶一(ムーンライダース)などを起用した作品は
高い評価を得ている。

 でもまぁ、彼女はこれといった噂もなかったんで(ソフバの遠藤君の件は
この記事で知ったくらいだ。)、このまま結婚しないんじゃないかと思った
くらいだが・・・

 とにかく、おめでとうございます。
posted by alessandro at 09:30| 埼玉 ☁| Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

Shoot The Dog...

bush_blair.jpe

 一方、Razzie Awardsの結果も載せておきます。

 "Catwoman"と"Fahrenheit 9/11"の独壇場でした。

 Catwomanは、最低映画賞,最低主演女優賞,最低監督賞など4部門を、
"Fahrenheit 9/11"は、最低主演男優賞,最低助演男優賞,最低助演女優賞,
最低カップル賞の4部門でした。

 "Fahrenheit 9/11"絡みは、大方の予想通りでしたね。

 25周年という事で、25年間の最低映画が選ばれています。
 コメディ部門は、Ben AffleckとJ.Loの共演で昨年のRazzieの話題を独占した
"Gigli"。
 ドラマ部門は、John Travolta主演の"Battlefield Earth"でした。

 というわけで・・・
25th Annual Golden Raspberry (RAZZIE) Award Winners
posted by alessandro at 00:31| 埼玉 ☀| Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

King And Queen Of America...

academy2005_Prince.jpe

 昨日、Academy Awardsがありましたね。

 結果は見ていただければ分かると思いますが、刑事プリオこと
Leonardo DiCaprioは今回もまた、蚊帳の外でした。

 "The Aviator"自体は5部門も受賞したのにね。

 主演男優賞は、俺の予想通りJamie Foxx。
 作品賞は、"The Aviator"か"Ray"かなって思ったけど、Clint Eastwoodの
"Million Dollar Baby"でした。
 (俺も含めて予想外だった人、多かったんじゃない?)
 昨年も"Mystic River"でノミネートされていたけど、oscarは
Sean Penn(主演男優賞)とTim Robbins(助演男優賞)だけでしたからね。
 今回の"Million Dollar Baby"は、作品賞、監督賞の2冠の他に
Morgan Freeman(助演男優賞)とHilary Swank(主演女優賞)も獲得してますからね。
 (Morgan Freemanはいつ見ても渋いですね。)

 あと、プレゼンターにPrinceやP.Diddyがいましたね。
 楽曲演奏では、BeyonceやSantanaもいましたし・・・

 というわけで・・・
 77th Annual Academy Awards Winners List
posted by alessandro at 12:54| 埼玉 ☀| Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

The End Is The Beginning Is The End...

batman begins

 Warner Brothers(US)のサイトに行くと見られます。
 来年夏公開予定の"Batman Begins"のTrailerとPhotoが・・・

 漏れ伝わっている情報だと、今までの4作を一気に
リセットして、若い頃のBatmanを描く作品だとの事です。

 監督は、Tim Burton("Batman","Batman Returns")でも、
Joel Schumacher("Batman Forever","Batman & Robin")でもない、
Christopher Nolan。

 主演も、George Clooneyが今更Batman/Bruce Wayneを
やるはずもなく、Christian Bale。

 そして脇を固める配役陣も、執事Alfred役がMichael Caine、
他にもMorgan Freeman、Liam Neeson、Gary Oldmanや、
Ken Watanabeなどです。

 でもって、Batmobileも前4作とは違いこんな感じ。
batmobile

 果たして、どんな映画になるのでしょうか・・・

 ちなみに、Trailerはこれです。
posted by alessandro at 18:34| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月26日

Lose Control...

ゴジラvs GODZILLA

 ゴジラ生誕50周年を飾るシリーズ最終作「ゴジラ 
FINAL WARS」(監督北村龍平)に、米ハリウッド版の
「GODZILLA」が登場することになった。地球征服をもくろむ
X星人の刺客「ジラ(ZILLA)」という設定で、豪州・
シドニーに出現。ゴジラと壮絶なバトルを繰り広げる。
夢の日米決戦に、北村監督も「誰も予想のつかないことを
やってみたかった」と自信ありげだ。


 日本のゴジラとは似ても似つかぬ容姿に、日本はおろか
米国のゴジラファンをも失笑の渦に包んだ、ハリウッド版
"Godzilla"。
 俺の感想は、「どう見ても、ジュラシック・パークやん、
これ。」だったのですが・・・

 今回の映画では本家ゴジラと対決させて、本家の威信を
取り戻すとの事ですが・・・
 でも・・・
 あの当時、東宝はハリウッド版"Godzilla"にOKしたんだよね?

 ハリウッド版"Godzilla"の監督であるRoland Emmerichと
言えば、"ID4"で一山当てた監督として有名で、最近でも、
"The Day After Tomorrow"が公開されたりしてました。

 噂が出たっきり、その後の進展が伝わってこないのですが、
ハリウッド版"Dragon Ball"の話ってどうなったんだろ?
 "Godzilla"の二の舞になるんじゃないかと、非常に不安視
する人は多いのですが・・・

 どうなるんでしょうか?
posted by alessandro at 08:19| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月23日

The Samurai In Autumn...

 一昨日、とうとう"The Last Samurai"を見る。
 正月映画は、これと"ニモ"が興行成績を独走し、"ゴジラ"だの
"ブルース・オールマイティ"だのは惨敗した模様。

 ということで、ヴァージンシネマズ六本木ヒルズに向かう。
 もう一本見る予定で、どこに行こうか思案していたんだけど、
2本の間が無駄に時間が空かない(ちょうど、昼食休憩って感じだったし。)
・・・ということで、ヴァージンシネマズ六本木ヒルズにした次第。
 あとまぁ事前に、ネットでチケット買えたしね。
 とはいうものの、普段仕事に出かける時間に家を出なくては
ならなかったので、ちょっときつかったかな。

 そんなこんなで、六本木へ・・・
 ちょっと早すぎたかな・・・って気もしたけど、ま、余裕あった方がいいし・・・

 上映開始20分前に、予約した席へ・・・
 しまった、席の位置が前過ぎた・・・
 (結果的に、俺よりも前で見る人なし、俺の列もいなかったし・・・)
 スクリーンが大きい為、ちょっと厳しいかな・・・という感じも
あったけど、なんとか見れたかな。

 映画についてですが・・・
 今まで、いろいろと「なんちゃって日本」な映画がありました。
 ちょっと変な大阪だったりした、「ブラックレイン」。
 どう見ても東南アジアだろ、これ?って感じだった、「カラテキッド2」。

 でも、今回の"The Last Samurai"は、見事に日本を描いていました。
 確かに、細かいディテールを突っ込んだらいろいろ指摘事項はありますが、
一つの娯楽作品としてみた場合には、よくできた映画だと思いますよ。
 その一方で、今の日本映画界ではこれだけの映画は撮れないのかも、
という気がするのがちょっと残念ですが。

 報道とかを見ると、渡辺謙さんの評判がいいですよね。
 確かに、オーラというか気というか、主役のトム・クルーズを
食ってしまうかのごとく、存在感を示していました。

 渡辺謙にしろ、真田広之にしろ、彼らだからできた役なのかもしれないです。
 他の役者さんだったら、ここまでできたかどうか・・・

 あと、意外に好演していたのが、小雪です。
 彼女の事は、TVで見たりしているけど、「きみはペット」の彼女しか
ほとんど記憶にありません。
 だから、先入観なく見たわけだけれど、今回のたかという女性の役は、
ことのほか難しかったと思います。
 何しろ、自分の夫を殺した男(トム・クルーズ)と同じ屋根の下で
暮らすわけですから・・・
 常に冷静さを装いながらも、実は葛藤している彼女が、次第に
心を開いていくという女性を演じるのは、難しかったと思いますよ。

 3時間近い上映時間だったけれども、久しぶりに時間の経過を
感じなかった映画でした。
 そういう思いをした映画って、"The Last Emperor"以来だったかな。

一昨日買ったCD・DVD
・Time Bandits・・・DVD
・Highlander・・・DVD
・日本沈没・・・DVD
・Live At Wembley Stadium/Genesis・・・EU盤DVD
・Dangerous/Michael Jackson・・・US盤CD
・Advance/LFO・・・EU盤CD
・I'm Lovin' It/Justin Timberlake・・・EU盤CD Single
・Show Me Your Soul/Lenny Kravitz,P.Diddy,Loon,Pharrell Williams・・・EU盤CD Single
・I'm Your Man/Shane Richie・・・EU盤CD Single
・日本ブレイク工業社歌/萬Z(量産型)・・・CD Single
・愛あらばIt's All Right/モーニング娘。・・・CD Single
posted by alessandro at 00:38| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月16日

風の谷のナウシカ...

 みなさんは、「風の谷のナウシカ」ご覧になりましたか?

 「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」が、宮崎アニメの中で一番だと
思っている人へ・・・

 本当にそうですか?

 本当に、そう断言していいんですか?

 後悔しても知りませんよ!!

 「ルパン三世 カリオストロの城」
 「風の谷のナウシカ」
 「天空の城ラピュタ」
 「となりのトトロ」

 上記4作品の方が、宮崎作品としては「もののけ姫」や「千と千尋」
よりも数段も上だと思っています。

 っつうか、「もののけ姫」と「千と千尋」は、はっきりいって○ズ
だし・・・
 あの2つのどこがいいのか、小一時間問い詰めたい気分・・・

 今秋公開の「ハウルの動く城」(だったかな)は、先日少しだけ映像を
見たのですが、上記4作の頃の作風に戻っているように感じます。
 (10秒ちょっとだけで判断するのは早計ですが・・・)

今日届いたCD
・Miracles(CD2)/Pet Shop Boys・・・EU(UK)盤CD Single
posted by alessandro at 23:41| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月08日

Judgement Day...

 昨日・今日は、振替休日。
 買ったまま見ていないDVDを何本か見ました。
 "Die Another Day"
 "E.T."
 "Terminator 3"
 の3本・・・(それでも見ていないDVDはまだ結構残っている。)

 まず、"Die Another Day"。
 主人公よりもボンドガールの方が話題になってしまった作品でしたね。
 (ハル・ベリーさん、オスカー女優ですしね。)
 話の中に出てくる某国では、変態呼ばわりされたこの作品ですが、
(映画好きの某国家元首さんは、喜んで見たような気もするけど)
某国ってそんなに武器がハイテクでしたっけ?とか、思わず突っ込み
そう・・・
 でもって、ボンドさん自力脱出じゃなくて捕虜交換かよ?とか、
ロンドンのシーンのBGMがいきなり"London Calling"/The Clashって
ベタすぎねぇか?とかね。
 某国の将軍の息子が、整形して西洋人になっちゃうなんて、
Michael Jacksonが聞いたら飛びつきそうなネタ(笑)だったり・・・
 とはいえ、ボンドカーが前作までのBMWからアストンマーチンに
変わってましたね。
 BMWも悪くないけれど、英国のスパイだったらやっぱり英国車じゃないとね。
 ボーナスで、MadonnaのPVが入っていましたが、昔の007への
オマージュが散りばめられたりしてました。
(本編もある意味そうですけどね。)

 次に、"E.T."・・・
 やはり、20年も経つとストーリーなんて忘れちゃってますね。
 はっきり覚えていたのが、エリオットとE.T.が出会うシーンだったり、
あとは、最後に少年達が森に行くシーンくらいかな。
 中間部のシーンなんて、全然覚えてなかったし・・・
 やはり、20年前と同じく、最後のシーンは泣きました。

 そして、"T3"・・・
 まず・・・
 ジョン・コナーってあんなヘタレでいいのか?
 前作のジョン・コナーは、どこに消えたんじゃ?ってくらいの変貌振り・・・
 (マジ、何処行ったの、エドワード・ファーロング君・・・)
 いつのまにか、母サラ・コナーは死んじゃってるし・・・
 今回は、前回までの監督(ジェームズ・キャメロン)が、いつのまにか
大監督さん("Titanic"で一山あてましたね。)になっちゃってるんで、
違う監督さんが撮ったものなのですが・・・
 ストーリーとしての詰めが甘いような感じがしました。
 どうせあのエンディングになるのだったら、途中のストーリーを
もう少しなんとかならないのかな・・・と。
 ああいう終わり方をしているので、"4"を作るんだかどうだかわからないけど、
州知事様は出ないだろうし、ヘタレたジョンはあのまんまなのか
っつうのもあるし、また未来から殺人マシーンが送り込まれるのか
っつうのも(いい加減飽きるやろ、毎度同じだと。)あるので、
あまり期待はできないのだが、"3"があんな終わり方なら"4"も作るしか
ないだろうしねぇ・・・
 (っつうか、素直に"2"で止めていればよかったという気も。)

 ま、そんなこんなの映画三昧でした。

 追伸 TVでやっていた"The Karate Kid 2"、やっぱりあの沖縄の描写、
変です。
 東南アジアかどこかと明らかに勘違いしているし・・・
 (っつうか、ここの主役も何処行っちゃったの?)
posted by alessandro at 23:55| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。