2006年05月08日

Too Late For Goodbye...

モー娘公演で紺野と小川が卒業報告

 モーニング娘。が7日、全国ツアーの最終公演をさいたま
スーパーアリーナで行った。先月28日に卒業を発表した紺野あさ美
(19)と小川麻琴(18)にとって、最後のモー娘単独公演。
紺野は詰めかけた約1万人に「約4年半の活動で学んだ経験を
生かして成長したい」。小川は「温かく見守ってくれた皆さんに
感謝します」とあいさつした。紺野は7月に都内で行われる
ハロー!プロジェクトのコンサート、小川は8月のミュージカル
出演を最後に卒業する。


 久しぶりの更新がこれかよ・・・って感じですが・・・

 とはいえ、事実上の引退でしょうね。
 今までの卒メンに比べ、この2人は卒業後の商品価値がない
というのもあるしね。

 実際、今のメンツの中で卒業後も商品価値があるのって、吉澤と
藤本くらいかもしれない。
 高橋とれいなは、今の状況ではちょっときついかな・・・

 ただ、TVで見る小川はあまり好きじゃありませんが、コンサートでの
(歌での)保田圭的立ち位置というのは、必要だと思ったけどね。
 (決してメインじゃないけど、裏で歌を支えるという意味では・・・)

 紺野は・・・むしろ遅すぎたくらいだ。

 シングルの販売枚数がとうとう、中澤・石黒・飯田・安倍・福田の
5人のデビューの条件となった手売りの5万枚を下回っている現状もあり、
一度落ちた人気の浮上はなかなか難しいのだが・・・

 娘。自体より、ハロプロ全体のCDが売れてないことが事務所的には
困っている事なのかもしれないね。
posted by alessandro at 08:21| 埼玉 🌁| Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

Touch The Sky...

 前回の続きで、Grammy Nominationです。
 今回は、R&B以降を・・・

Field 6 - R&B
Category 23 - Best Female R&B Vocal Performance
・1 Thing
Amerie
・Wishing On A Star
Beyonce
・We Belong Together
Mariah Carey
・Free Yourself
Fantasia
・Unbreakable
Alicia Keys

 誰が獲ってもおかしくないけど・・・

Category 24 - Best Male R&B Vocal Performance
・Creepin'
Jamie Foxx
・Ordinary People
John Legend
・Let Me Love You
Mario
・Superstar
Usher
・So What The Fuss
Stevie Wonder

 Stevieだ!
 Jamie Foxxとかもあれだけど、John Legendあたりなのかなぁ、本命は。

Category 25 - Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocals
・So Amazing
Beyonce& Stevie Wonder
・Cater 2 U
Destiny's Child
・If This World Were Mine
Alicia Keys Featuring Jermaine Paul
・So High
John Legend Featuring Lauryn Hill
・How Will I Know
Stevie Wonder Featuring Aisha Morris

 Stevieが2曲でNominateされてますね。
 勢いとすればやはり、John Legend?

Category 26 - Best Traditional R&B Vocal Performance
・Mine Again
Mariah Carey
・Summertime
Fantasia
・A House Is Not A Home
Aretha Franklin
・If I Was Your Woman
Alicia Keys
・Stay With You
John Legend

 なんか、R&BもMariahだらけだなぁ・・・

Category 27 - Best Urban/Alternative Performance
・SupaStar
Floetry
・Dirty Harry
Gorillaz
・Dust
Van Hunt
・Welcome To Jamrock
Damian Marley
・Ghetto Rock
Mos Def

 Gorillazがこういう部門でもNominateされてますね。

Category 28 - Best R&B Song
・Cater 2 U
Destiny's Child
・Free Yourself
Fantasia
・Ordinary People
John Legend
・Unbreakable
Alicia Keys
・We Belong Together
Mariah Carey

 Aliciaは、UnpluggedからのNominateですね。
 今年のR&Bは、John LegendとMariahに独占されそうだなぁ・・・

Category 29 - Best R&B Album
・Illumination
Earth, Wind And Fire
・Free Yourself
Fantasia
・Unplugged
Alicia Keys
・Get Lifted
John Legend
・A Time To Love
Stevie Wonder

 EW&Fですが・・・
 試聴した感じはあまりよくなかったけどね。
 StevieのNominateもありますが、John Legendなのかなぁ・・・

Category 30 - Best Contemporary R&B Album
・Touch
Amerie
・The Emancipation Of Mimi
Mariah Carey
・Destiny Fulfilled
Destiny's Child
・Turning Point
Mario
・O
Omarion

 うーん。
 個人的にはDestiny's Childかなぁ・・・

Field 7 - Rap
Category 31 - Best Rap Solo Performance
・Testify
Common
・Mockingbird
Eminem
・Disco Inferno
50 Cent
・Number One Spot
Ludacris
・U Don't Know Me
T.I.
・Gold Digger
Kanye West

 個人的にはKanyeだけど・・・

Category 32 - Best Rap Performance By A Duo Or Group
・Don't Phunk With My Heart
The Black Eyed Peas
・The Corner
Common Featuring The Last Poets
・Encore
Eminem Featuring Dr. Dre & 50 Cent
・Hate It Or Love It
The Game Featuring 50 Cent
・Wait (The Whisper Song)
Ying Yang Twins

 BEPかThe Gameあたり?
 Eminemはどうなんだろう?(個人的にはいまいちだったんだけど・・・)

Category 33 - Best Rap/Sung Collaboration
・1,2 Step
Ciara Featuring Missy Elliott
・They Say
Common Featuring Kanye West & John Legend
・Soldier
Destiny's Child Featuring T.I. & Lil Wayne
・Numb/Encore
Jay-Z Featuring Linkin Park
・Rich Girl
Gwen Stefani Featuring Eve

 Jay-Z/Linkinあたりを一応推しておきます。

Category 34 - Best Rap Song
・Candy Shop
50 Cent Featuring Olivia
・Diamonds From Sierra Leone
Kanye West
・Don't Phunk With My Heart
The Black Eyed Peas
・Hate It Or Love It
The Game Featuring 50 Cent
・Lose Control
Missy Elliott Featuring Ciara & Fat Man Scoop

 誰が獲ってもおかしくないけど・・・
 個人的にはKanye・・・(albumの中では必ずしもBestな曲じゃないけど・・・)

Category 35 - Best Rap Album
・Be
Common
・The Cookbook
Missy Elliott
・Encore
Eminem
・The Massacre
50 Cent
・Late Registration
Kanye West

 KanyeかMissyあたりかなぁ・・・

Field 8 - Country
Category 36 - Best Female Country Vocal Performance
Category 37 - Best Male Country Vocal Performance
Category 38 - Best Country Performance By A Duo Or Group With Vocal
Category 39 - Best Country Collaboration With Vocals
Category 40 - Best Country Instrumental Performance
Category 41 - Best Country Song
Category 42 - Best Country Album
Category 43 - Best Bluegrass Album

Field 9 - New Age
Category 44 - Best New Age Album

Field 10 - Jazz
Category 45 - Best Contemporary Jazz Album
Category 46 - Best Jazz Vocal Album
Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo
Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group
Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album
Category 50 - Best Latin Jazz Album

Field 11 - Gospel
Category 51 - Best Gospel Performance
Category 52 - Best Gospel Song
Category 53 - Best Rock Gospel Album
Category 54 - Best Pop/Contemporary Gospel Album
Category 55 - Best Southern, Country, or Bluegrass Gospel Album
Category 56 - Best Traditional Soul Gospel Album
Category 57 - Best Contemporary Soul Gospel Album
Category 58 - Best Gospel Choir Or Chorus Album

Field 12 - Latin
Category 59 - Best Latin Pop Album
Category 60 - Best Latin Rock/Alternative Album
Category 61 - Best Traditional Tropical Latin Album
Category 62 - Best Salsa/Merengue Album
Category 63 - Best Mexican/Mexican-American Album
Category 64 - Best Tejano Album

Field 13 - Blues
Category 65 - Best Traditional Blues Album
Category 66 - Best Contemporary Blues Album

Field 14 - Folk
Category 67 - Best Traditional Folk Album
Category 68 - Best Contemporary Folk Album
Category 69 - Best Native American Music Album
Category 70 - Best Hawaiian Music Album

Field 15 - Reggae
Category 71 - Best Reggae Album

Field 16 - World Music
Category 72 - Best Traditional World Music Album
Category 73 - Best Contemporary World Music Album

Field 17 - Polka
Category 74 - Best Polka Album

Field 18 - Children's
Category 75 - Best Musical Album For Children
Category 76 - Best Spoken Word Album For Children

Field 19 - Spoken Word
Category 77 - Best Spoken Word Album

Field 20 - Comedy
Category 78 - Best Comedy Album

Field 21 - Musical Show
Category 79 - Best Musical Show Album

 以上、パス。
 New AgeでKitaroが入っていたけど、今回も受賞は難しいのかな?

Field 22 - Film/TV/Visual Media
Category 80 - Best Compilation Soundtrack Album For Motion Picture, Television Or Other Visual Media
・Beyond The Sea
Kevin Spacey
・Napoleon Dynamite
Various Artists
・No Direction Home: The Soundtrack - Bootleg Series, Vol. 7
Bob Dylan
・Ray
Ray Charles
・Six Feet Under Volume 2 - Everything Ends
Various Artists

 Rayなのかなぁ・・・

Category 81 - Best Score Soundtrack Album For Motion Picture, Television Or Other Visual Media
・The Aviator
Howard Shore, composer
・The Incredibles
Michael Giacchino, composer
・Million Dollar Baby
Clint Eastwood, composer
・Ray
Craig Armstrong, composer
・Star Wars Episode III - Revenge Of The Sith
John Williams, composer

 Clint Eastwoodって作曲もできるのか?

Category 82 - Best Song Written For Motion Picture, Television Or Other Visual Media
・Believe
Glen Ballard & Alan Silvestri, songwriters (Josh Groban)
Track from: The Polar Express
・Cold Wind
The Arcade Fire, songwriters (The Arcade Fire)
Track from: Six Feet Under Volume 2 - Everything Ends
・Million Voices
Jerry Duplessis, Andrea Guerra & Wyclef Jean, songwriters (Wyclef Jean)
Track from: Hotel Rwanda
・Square One
Tom Petty, songwriter (Tom Petty)
Track from: Elizabethtown
・Wonka's Welcome Song
John August & Danny Elfman, songwriters (Danny Elfman)
Track from: Charlie And The Chocolate Factory

Field 23 - Composing/Arranging
Category 83 - Best Instrumental Composition
Field 23 - Composing/Arranging
Category 84 - Best Instrumental Arrangement
Category 85 - Best Instrumental Arrangement Accompanying Vocalist(s)

Field 24 - Package
Category 86 - Best Recording Package
Category 87 - Best Boxed Or Special Limited Edition Package

Field 25 - Album Notes
Category 88 - Best Album Notes

Field 26 - Historical
Category 89 - Best Historical Album

 この辺もパス。

Field 27 - Production, Non-Classical
Category 90 - Best Engineered Album, Non-Classical
・Back Home
Alan Douglas & Mick Guzauski, engineers (Eric Clapton)
・Deceiver
Gary Paczosa & Chris Thile, engineers (Chris Thile)
・Lonely Runs Both Ways
Gary Paczosa, engineer (Alison Krauss And Union Station)
・Mr. A-Z
Carl Glanville, Steve Lillywhite, Samuel "Vaughan" Merrick, Jim Scott & David
Thoener, engineers (Jason Mraz)

・Rock Swings
Al Schmitt, engineer (Paul Anka)

Category 91 - Producer Of The Year, Non-Classical
・Danger Mouse
・Demon Days (Gorillaz) (A)
・Nigel Godrich
・Chaos And Creation In The Backyard (Paul McCartney) (A)
・Jimmy Jam, Terry Lewis
・Be Blessed (Yolanda Adams) (T)
・Dance With My Father (Celine Dion) (T)
・Harajuku Girls (Gwen Stefani) (T)
・Never Too Much (Mary J. Blige) (T)
・Nobody Cares (Deborah Cox) (T)
・Pure Gold (Earth, Wind And Fire) (T)
・These Boots Are Made For Walkin' (Jessica Simpson) (S)
・Steve Lillywhite
・How To Dismantle An Atomic Bomb (U2) (A)
・Mr. A-Z (Jason Mraz) (A)
・The Neptunes
・Already Platinum (Slim Thug Featuring Pharrell) (T)
・Hollaback Girl (Gwen Stefani) (T)
・Let's Get Blown (Snoop Dogg) (T)
・On & On (Missy Elliott) (T)
・Say Somethin' (Mariah Carey Featuring Snoop Dogg) (T)
・Touch (Omarion) (T)

 誰が獲ってもおかしくない感じ・・・

Category 92 - Best Remixed Recording, Non-Classical
・Fever (Adam Freeland Remix)
Adam Freeland, remixer (Sarah Vaughan)
・Flashdance (Guetta & Garraud F*** Me I'm Famous Remix)
Joachim Garraud & David Guetta, remixers (Deep Dish)
・Mr. Brightside (Jacques Lu Cont's Thin White Duke Mix)
Jacques Lu Cont, remixer (The Killers)
・Superfly (Louie Vega EOL Mix)
Louie Vega, remixer (Curtis Mayfield)
・What Is Hip? (T.O.P.R.M.X.)
Meat Beat Manifesto, remixers (Tower Of Power)

 他の曲ですけど、Jacques Lu ContのRemixがよかったんで・・・

Field 28 - Surround Sound
Category 93 - Best Surround Sound Album

Field 29 - Production, Classical
Category 94 - Best Engineered Album, Classical
Category 95 - Producer Of The Year, Classical

Field 30 - Classical
Category 96 - Best Classical Album
Category 97 - Best Orchestral Performance
Category 98 - Best Opera Recording
Category 99 - Best Choral Performance
Category 100 - Best Instrumental Soloist(s) Performance (with Orchestra)
Category 101 - Best Instrumental Soloist Performance (without Orchestra)
Category 102 - Best Chamber Music Performance
Category 103 - Best Small Ensemble Performance (with or without Conductor)
Category 104 - Best Classical Vocal Performance
Category 105 - Best Classical Contemporary Composition
Category 106 - Best Classical Crossover Album

 この辺もパス。

Field 31 - Music Video
Category 107 - Best Short Form Music Video
・Lose Control
Missy Elliott Featuring Ciara & Fat Man Scoop
・Feel Good Inc.
Gorillaz Featuring De La Soul
・Feels Just Like It Should
Jamiroquai
・God's Will
Martina McBride
・World On Fire
Sarah McLachlan

 Gorillazしか見たことないや。

Category 108 - Best Long Form Music Video
・No Direction Home
Bob Dylan
・Trapped In The Closet (Chapters 1-5 )
R. Kelly
・End Of The Century: The Story Of The Ramones
The Ramones
・Devils & Dust
Bruce Springsteen
・Brian Wilson Presents Smile
Brian Wilson

 Ramonesの名前がこういう所に出てくるっつうのも珍しいね。
 Brian Wilsonに獲ってもらいたいけど、どうなるかなぁ・・・
posted by alessandro at 11:32| 埼玉 ☔| Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Celebration...

 48th annual Grammy AwardsのNominationが発表されましたね。

General Field
Category 1 - Record Of The Year
・We Belong Together
Mariah Carey
・Feel Good Inc.
Gorillaz Featuring De La Soul
・Boulevard Of Broken Dreams
Green Day
・Hollaback Girl
Gwen Stefani
・Gold Digger
Kanye West

 Gorillazのノミネートが(いい意味で)意外。
 とはいえ、MariahとKanyeの一騎打ちではないかと・・・
 個人的には、Kanye。

Category 2 - Album Of The Year
・The Emancipation Of Mimi
Mariah Carey
・Chaos And Creation In The Backyard
Paul McCartney
・Love. Angel. Music. Baby.
Gwen Stefani
・How To Dismantle An Atomic Bomb
U2
・Late Registration
Kanye West

 こういうところでPaul McCartneyの名前を見るのは意外。
 でも、実際に受賞するとなると・・・
 MariahかU2かKanyeか・・・
 個人的にはU2かKanye。

Category 3 - Song Of The Year
・Bless The Broken Road
Rascal Flatts
・Devils & Dust
Bruce Springsteen
・Ordinary People
John Legend
・Sometimes You Can't Make It On Your Own
U2
・We Belong Together
Mariah Carey

 なんか、ここまでで、Mariahだらけだなぁ・・・
 そんなによかったっけ?(俺は聴いてないけど・・・)

Category 4 - Best New Artist
・Ciara
・Fall Out Boy
・Keane
・John Legend
・SugarLand

 John Legendじゃないの?

Field 1 - Pop
Category 5 - Best Female Pop Vocal Performance
・It's Like That
Mariah Carey
・Since U Been Gone
Kelly Clarkson
・Good Is Good
Sheryl Crow
・I Will Not Be Broken
Bonnie Raitt
・Hollaback Girl
Gwen Stefani

 どうなんだろう・・・

Category 6 - Best Male Pop Vocal Performance
・Sitting, Waiting, Wishing
Jack Johnson
・Fine Line
Paul McCartney
・Walk On By
Seal
・Lonely No More
Rob Thomas
・From The Bottom Of My Heart
Stevie Wonder

 誰が獲ってもおかしくないけどね。

Category 7 - Best Pop Performance By A Duo Or Group With Vocal
・Don't Lie
The Black Eyed Peas
・Mr. Brightside
The Killers
・More Than Love
Los Lonely Boys
・This Love
Maroon 5
・My Doorbell
The White Stripes

 なんでMaroon 5が・・・と思ったら、Live AlbumでのNominateですね。

Category 8 - Best Pop Collaboration With Vocals
・Gone Going
The Black Eyed Peas & Jack Johnson
・Virginia Moon
Foo Fighters Featuring Norah Jones
・Feel Good Inc.
Gorillaz Featuring De La Soul
・A Song For You
Herbie Hancock Featuring Christina Aguilera
・A Time To Love
Stevie Wonder Featuring India.Arie

 個人的にはGorillazだが・・・

Category 9 - Best Pop Instrumental Performance
Category 10 - Best Pop Instrumental Album

 よくわかんないので、パス。

Category 11 - Best Pop Vocal Album
・Extraordinary Machine
Fiona Apple
・Breakaway
Kelly Clarkson
・Wildflower
Sheryl Crow
・Chaos And Creation In The Backyard
Paul McCartney
・Love. Angel. Music. Baby.
Gwen Stefani

 個人的には下3人のうち誰かが獲ってくれればと思ってますが・・・

Field 2 - Dance
Category 12 - Best Dance Recording
・Galvanize
The Chemical Brothers Featuring Q-Tip
・Say Hello
Deep Dish
・Wonderful Night
Fatboy Slim & Lateef
・Daft Punk Is Playing At My House
LCD Soundsystem
・I Believe In You
Kylie Minogue
・Guilt Is A Useless Emotion
New Order

 NOだ!
 誰が獲っても異論なしです。

Category 13 - Best Electronic/Dance Album
・Push The Button
The Chemical Brothers
・Human After All
Daft Punk
・Palookaville
Fatboy Slim
・Minimum-Maximum
Kraftwerk
・LCD Soundsystem
LCD Soundsystem

 同上。

Field 3 - Traditional Pop
Category 14 - Best Traditional Pop Vocal Album

 よくわかんないので、パス。
 Rod Stewart以外知らないし・・・

Field 4 - Rock
Category 15 - Best Solo Rock Vocal Performance
・Revolution
Eric Clapton
・Shine It All Around
Robert Plant
・Devils & Dust
Bruce Springsteen
・This Is How A Heart Breaks
Rob Thomas
・The Painter
Neil Young

 すげえな、ここ最近のアーティストが誰もいない。

Category 16 - Best Rock Performance By A Duo Or Group With Vocal
・Speed Of Sound
Coldplay
・Best Of You
Foo Fighters
・Do You Want To
Franz Ferdinand
・All These Things That I've Done
The Killers
・Sometimes You Can't Make It On Your Own
U2

 Coldplayって、Rockか?違うだろ。
 同じUK勢ならFranzの方がRockだ!

Category 17 - Best Hard Rock Performance
・Doesn't Remind Me
Audioslave
・The Hand That Feeds
Nine Inch Nails
・Tin Pan Valley
Robert Plant
・Little Sister
Queens Of The Stone Age
・B.Y.O.B.
System Of A Down

 Robert Plantだけ異星人に見える。(笑)

Category 18 - Best Metal Performance
・The Great Satan
Ministry
・Determined
Mudvayne
・Mein Teil
Rammstein
・What Drives The Weak
Shadows Fall
・Before I Forget
Slipknot

 どっちがどっちにNominateされてもおかしくないけど・・・

Category 19 - Best Rock Instrumental Performance
・Beat Box Guitar
Adrian Belew
・Birds Of Prey
Stewart Copeland
・69 Freedom Special
Les Paul & Friends
・Mercy
Joe Perry
・Lotus Feet
Steve Vai

 Joe Perryはsolo albumのプロモーションもほとんどできなかったよな。

Category 20 - Best Rock Song
・Best Of You
Foo Fighters
・Beverly Hills
Weezer
・City Of Blinding Lights
U2
・Devils & Dust
Bruce Springsteen
・Speed Of Sound
Coldplay

 だから・・・ColdplayはRockじゃないんだってば。

Category 21 - Best Rock Album
・X&Y
Coldplay
・In Your Honor
Foo Fighters
・A Bigger Bang
The Rolling Stones
・How To Dismantle An Atomic Bomb
U2
・Prairie Wind
Neil Young

 StonesがNominateされてる!

Field 5 - Alternative
Category 22 - Best Alternative Music Album
・Funeral
The Arcade Fire
・Guero
Beck
・Plans
Death Cab For Cutie
・You Could Have It So Much Better
Franz Ferdinand
・Get Behind Me Satan
The White Stripes

 個人的には、BeckかFranz。

 R&B以降は明日・・・
posted by alessandro at 00:53| 埼玉 ☔| Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

Spining Around...

 Parlophone/EMI(UK)から、下記のようなメールが届きました。
 いよいよ発売ですね。(日本盤はまだですが・・・)

KYLIE MINOGUE

"SHOWGIRL – THE GREATEST HITS TOUR" IS RELEASED ON
DVD ON NOVEMBER 28.

AVAILABLE FOR THE FIRST TIME ON DVD, FEATURING BEHIND
THE SCENES DOCUMENTARY, SHOWGIRL SCREEN VISUALS AND
ROM SECTION WITH EXCLUSIVE PHOTOS AND SCREENSAVERS.

The DVD was filmed earlier this year at London's
Earls Court Arena on her most successful UK tour ever,
which saw her play 23 sold out nights! The Showgirl
tour cost 5 million pounds to stage and represented
Kylie's finest moments in music and performance.
The DVD features stunning performances of all Kylies
classic hits including Can't Get You Out Of My Head,
Better The Devil You Know, I Believe In You, Spinning
Around and Love At First Sight.

Also included is the never before seen documentary
"Behind The Feathers", a 20 minute film made
exclusively for this release, which takes the viewer
backstage and into Kylie's dressing room, giving a
real flavour of what happens behind the scenes. A Rom
section includes screensavers and an entirely new
selection photographs.

Reviews from the shows have been ecstatic:

"Kylie the showgirl: pure pop perfection"
:EVENING STANDARD

"The show had glitz, glamour, wit and irony.. She
belted out Confide In Me like Shirley Bassey doing a
Bond song, and delivered a note perfect Somewhere Over
The Rainbow with next to no musical accompaniment.
The gig of the year? No doubt about it!"
:THE TIMES

"WHAT A SHOW! ….the Greatest Show on Earth. No expense
was spared in making her Showgirl Tour 2005 an
unforgettable experience, with its 18 top 10 hits and
27 songs in all. The show made every other concert
seem like a school play"
:DAILY RECORD

"The delightful Aussie dazzled so brightly she
confirmed pop needs Kylie…the main praise must go to
Kylie's voice. Mature, rich and entirely live"
:DAILY STAR

"Is it my imagination or is Kylie the sweetheart of
the nation?"
:INDEPENDENT ON SUNDAY
posted by alessandro at 23:03| 埼玉 ☀| Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロイヤル・ストレート・フラッシュ...

 どちらかというと、最近ではFormula Nipponの監督業などレース活動の方がメインに
なっているマッチこと近藤真彦が、歌手デビュー25周年ということで、トリビュート盤が
出るそうです。

 ケジメなさい/綾小路翔(氣志團) loves DJ OZUMA & XARAZOO
 アンダルシアに憧れて/アンダルシア・スペシャル・ユニット(仮)
 [includes 東山紀之(少年隊)・赤坂晃(ex.光GENJI)・堂本光一(Kinki Kids)・
  今井翼(タッキー&翼)]
 ギンギラギンにさりげなく/グループ魂
 スニーカーぶる〜す/スクービードゥー
 夕焼けの歌/松岡充(SOPHIA)
 ミッドナイト・シャッフル/高橋瞳
 ブルージーンズメモリー/玉置成実
 愚か者/マーティ・フリードマン(ex.Megadeth)+ROLLY(ex.すかんち)+鮎貝 健
 ハイティーン・ブギ/吉村由美(PUFFY)
 情熱☆せれなーで/Low-Cuts(SHUN+SHUYA from SBK)

 少なくとも、高橋瞳とか玉置成実ちゃんは自分が歌う予定の曲が出た頃は
生まれてなかったよな。

 個人的に気になるのは、Martyと鮎貝君の「ヘビメタさん」コンビにRollyが
絡む「愚か者」だな。
 当然、Heavy Metalな仕上がりになっていると期待していますが・・・

 で、Puffyが何故、由美ちゃんだけなの?

 あと、ヨッちゃんは参加しないのかな?
posted by alessandro at 20:37| 埼玉 ☀| Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

Step Into Christmas...

elton_xmas.jpe

 USのStarbucksにて、Elton John選曲によるChristmas CDが発売されています。
 選曲はこんな感じ・・・

1. Step Into Christmas/ Elton John
2. Feliz Navidad/ El Vez
3. Frosty the Snowman/ The Ronettes
4. Santa Claus Is Coming to Town/ Bruce Springsteen
5. The Man with All the Toys The/ Beach Boys
6. A Change at Christmas (Say It Isn't So)/ The Flaming Lips
7. It Doesn't Often Snow at Christmas/ Pet Shop Boys
8. Spotlight on Christmas/ Rufus Wainwright
9. Jingle Bell Rock/ The Ventures
10. Run Rudolph Run/ Chuck Berry
11. Rudolph the Red Nosed Reindeer/ The Crystals
12. Playa's Ball/ Outkast
13. Merry Christmas Baby/ Otis Redding
14. Christmas Island/ Jimmy Buffett
15. St. Patrick's Day/ John Mayer
16. Please Come Home for Christmas/ The Eagles
17. Christmas Must Be Tonight/ The Band
18. 2000 Miles/ The Pretenders
19. December Will Be Magic Again/ Kate Bush
20. New Year's Day/ U2
21. Calling It Christmas/ Elton John & Joss Stone

 既発曲がほとんどですが、PSBのはファンクラブonlyで会報と一緒に配られた
曲ですね。
 ブックレットには、1曲1曲Eltonのコメントが入ってます。

 しかしこれ、北米以外への発送は行っていないようなので、手に入れるには
ebayとかのオークションサイトかEspritのようなネットショップを頼りにしないと
いけないようです。

 日本のStarbucksもCDを販売してくれればいいのに・・・
posted by alessandro at 14:21| 埼玉 ☀| Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

On A Night Like This...

 KylieのShowgirl TourのDVDが発売になりますが、Track Listが出てました。
 Trk 9の"In Denial"はPet Shop Boysの"Nightlife"albumに収録されていた曲で、
本編でもNeil TennantのVo.がfeaturingされている・・・という情報なのですが、
果たして・・・

'Kylie - Showgirl'

Track listing

1. Overture
2. Better The Devil You Know
3. In Your Eyes
4. Giving You Up
5. On A Night Like This
6. Shocked
7. What Do I Have To Do
8. Spinning Around
9. In Denial
10. Je Ne Sais Pas Pourquoi
11. Confide In Me
12. Red Blooded Woman / Where The Wild Roses Grow
13. Slow
14. Please Stay
15. Over The Rainbow
16. Come Into My World
17. Chocolate
18. I Believe In You
19. Dreams
20. Hand On Your Heart
21. The Locomotion
22. I Should Be So Lucky
23. Your Disco Needs You
24. Put Yourself In My Place
25. Can't Get You Out Of My Head
26. Especially For You
27. Love at First Sight

EXTRAS

Behind The Feathers Backstage Documentary
Showgirl Screen Visuals
Showgirl ROM Section
posted by alessandro at 23:27| 埼玉 ☀| Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thunderroad...

 「ザ・ハイロウズ」活動休止

 The Blue Heartsの解散の時も唐突だと思ったけど、今回も唐突ですなぁ・・・

 理由とかその他は全く明かされていないようですが・・・

 っていうか、ヒロトはマーシーとも訣別するんやろか?

 
posted by alessandro at 13:50| 埼玉 ☔| Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

All Because Of You...

09.11.2005
Vertigo To Continue

U2.com can exclusively confirm that there will be a Vertigo//2006 tour.

Vertigo//2006 will commence in early February with stops planned in Mexico, South America, New Zealand, Australia and Japan.

Specific details will be released over the next few weeks.


 U2が来日するようです。
 やはり、豪州とセットでのTour日程になるようだね。
 (豪州公演のなかったElevation Tourでの来日はなかったし・・・)
 実現すれば、Popmart Tour以来の来日・・・
 俺は見れなかったんで、Zoo-TV Tour以来になるわけだ。

 ハコ的には、関東近県だと横アリかさいたまスーパーアリーナがいいんだけどね。
posted by alessandro at 09:52| 埼玉 ☔| Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

The Cross...

cross.jpe

 訃報 歌手の本田美奈子さん、急性骨髄性白血病で死去

 びっくりしましたね。
 特にファンだとかじゃないけれども、あまりにも早すぎます。

 で、いままで白血病から立ち直った方、お亡くなりになった方、それぞれ
いると思うんですけど、生きる人とお亡くなりになる人の差ってなんなんだろうと
思うんです。

 渡辺謙さんとかみたいに復帰する人もいれば、夏目雅子さんやアンディ・フグの
ように亡くなってしまう人もいるし・・・

 彼女は、「マリリン」がやはり有名な曲であるけれど、Gary MooreやBrian Mayの
Produceでレコードを出したりというイメージが、俺の中では強かったわけで、
最近ではミュージカル女優として、成功をしているイメージが強かったんで。
 (ミュージカルのシーンがTVで流れた時、「歌うまくなったなぁ」って思ってたし。)

 Rest in peace...
posted by alessandro at 19:02| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Unbreakable...

ソニーBMG、問題のコピー防止機能付きCD向けにパッチ配布へ

 最近、米国からのSony/BMG系の輸入盤の一部にも採用されているCopy Control盤が
問題になっているようです。
 Velvet RevolverやFoo FightersとかAmerieとか、最近だとAlicia Keysの
"Unplugged"がそうでしたね。

 「われわれは、余計な不安をなくすようにしたいと考えている。これは予防策で
あり、常識的対応だと思う」


 「パッチ配布したから、それでいい。」っていうのはどうなのかなぁ・・・

 本来なら、全品回収して、返金 or Non-Copy Controledに交換っつう対応を
すべきなんじゃないのかなぁ・・・

 これで収束とはいかない様な気がするけどね。
posted by alessandro at 13:17| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

Beetlebum...

 Damon Albarn「Blurの前回のツアーは好きじゃなかった」

 Graham Coxon抜きで古い曲をやるのが嫌だったみたいですね。
 Damonはインタビューで、Grahamに戻ってきて欲しいような事を
言っているみたいですが、Grahamは戻る気は全くないみたいだしね。

 今頃Damonは、ManchesterでGorillazのLiveらしいですが、
Shaun Ryderなどが参加した豪華版だったみたいです。

 日本に来ないかな・・・ 
posted by alessandro at 12:15| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

A Different Corner...

wham2005.jpe

 George Michaelの自伝とも呼べるべき内容の映画"A Different Story"が公開される。
 海外では、既に公開されているのだが、日本でも来年早々の公開になるようだ。
 Wham!時代の僚友Andrew Ridgeleyも、久しぶりに公衆の面前に顔を出している。

 詳しくは、ここに。

 なお、予告編ムービーがここで見れます。

posted by alessandro at 10:56| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Heaven For Everyone...

queen+pr.jpe

 10/27(木)の事であるが、Queen + Paul Rodgersの来日公演を見に行った。
 Queenとしての来日は、1985年の"The Works Tour"以来20年ぶりである。

 何ヶ月か前の"Burrn!"のライブ評があまりに批判的な内容だったし、
ネットとか見ていても、旧来のQueenファンからは好意的な意見がほとんど
ない状況下での来日公演である。

 埼京線北与野駅経由で会場に向かう。
 いつもは、さいたま新都心駅経由なのだが、乗換がめんどくさかったので、
池袋から埼京線でそのまま向かった次第。
 (時間的に余裕があったのもあるかな。)

 とりあえず、グッズ売場に向かう。
 とはいえ、早くも2日目でSold Outになるグッズ続出。
 (今日の横浜公演参加者によると、追加納品はないとのこと。)

 パンフとTシャツを買って会場入り。
 時間が少しあるので、軽く食事・・・
 ということで、会場内のケンタへ・・・
 2ピース500円のチキンと700円のビールを買って、立ち食い。

 会場内を見渡すと幅広い客層だったけど、比較的同世代の客が多かったかな。
 とはいえ、会場内のあちこちの女子トイレには長蛇の列が・・・
 (やっぱり、女子が多い?)

 会場内に入ると、ジミヘンが延々とかかっている。
 開演予定時刻から約15分経った所で、AC/DCの曲が・・・
 そして・・・"Made In Heaven"の"It's A Beautiful Day"の4つ打ちVer.が
流れ、そろそろ始まることを予感させる。

 そして暗転・・・
 曲はなぜか、Eminemの"Lose Control"へ・・・
 サビのところで、Brianがギターをかぶせる。
 そして、Fade Outしライブ開始。
 花道の所からPaul Rodgers登場!!

 幕の中からBrianも登場して、花道に向かう。
 (ライブ全編での花道使用率が結構高い。)

 3曲目"Fat Bottomed Girl"でBrianの通称"Red Special"がスクリーンに
大写しになった瞬間、涙腺が・・・

 当初心配された、「Paul Rodgersって、どうよ?」って部分ですが、
Freddieと比べる事自体がそもそも間違いであるということかな。
 1992年のFreddie Mercury Tributeでもそうなんだけど、そもそもQueenの
曲は歌うのが難しい曲が結構あるし、Robert PlantやElton Johnのような
人でも結構ヤバかったりしたわけで・・・
 そういう意味では、Paul Rodgersの場合は、Tourをこなしていく過程で
彼流に消化した中で歌っていたと思うし・・・

 とはいえ、欧州とかと比べるとBad CompanyやFreeの知名度が著しく低い
日本でのライヴは、ある意味アウェイ戦であるわけで・・・
 実際、Bad CompanyやFreeの曲をやると一気に空気が冷えてしまった事も
事実で・・・
 ただ、Bad CompanyやFreeの曲をQueenでやるのはちょっと不向きなのかな?
 あれだったら、Freeで聴いたほうが全然いいかも・・・

 12弦ギターを持ったBrianが"'39"を演奏する。
 そして・・・
 "Love Of My Life"である。

 20年前、日本武道館。
 当時は、これがFreddie在籍時最後の来日になるとは考えもしなかった頃・・・
 当時予備校生だった自分は、親を拝み倒して武道館に向かった。
 正直、"The Game"以降の曲と、"Greatest Hits"の収録曲しか
知らなかった自分は、"Love Of My Life"を歌えなかった。
 会場中でみんな歌っているのに・・・である。

 でも、今回はちゃんと歌えたよ。
 涙腺緩んでいたけどね。

 で、"Teo Toriatte"である。
 1985年の来日時には、やらなかった曲である。
 前半、Brian一人で演奏していた時は問題なかったのだが、後半のバンド演奏部分は
結構メロメロな感じがした。
 来日後に演奏する事が決まったからなのだろうか?
 リハ不足っぽかったなぁ・・・

 Drums SoloやGuitar Soloなどがあって、"These Are The Days Of Our Lives"。
 昔の来日時(だろう、たぶん)の映像が流れる、4人とも若い。

 Rogerが歌う、"Radio Ga Ga"。
 Roger作曲の曲で初めてのSingleカットがこの曲である。
 やはりこの曲のハイライトは、サビの部分の手拍子だよね。
 でも、1986年のWembley Stadiumには勝てないけどね。
 あれはいつ見ても鳥肌が立つ光景である。

 本編最後は"Bo Rhaps"だ。
 ピアノに向かって歌いだすFreddieの映像が・・・

 涙腺が・・・
 泣くのをこらえて歌いましたよ、"Bo Rhaps"・・・

 アンコールである。
 BrianとRogerが花道を2人で歩いてくる。
 過去に、仲が悪かった2人とは思えない。

 で、BrianのGuitarをバックに歌いだしたのが"I Was Born To Love You"。
 日本側の要望に応えたんだろうね。
 バンドでやるには準備期間が短く、ああいう形に落ち着いたんだと思う。

 "The Show Must Go On"の後は、Freeの超有名曲"All Right Now"だ。
 やはりというか、Paul曲では一番反応がよかったように思える。

 で、残りの超定番曲2曲でThe End・・・

 2時間20分くらいのライヴはあっという間に終わった。

 なんとなくだけど・・・
 Freddieは、あの会場のどこかにいたのかなって感じた。
 姿を現すことも声を出す事もできないけど、どこかで見つめていたんじゃ
ないか・・・と。

1.Reaching Out
2.Tie Your Mother Down
3.Fat Bottomed Girls
4.Fire And Water
5.Another One Bites The Dust
6.Crazy Little Thing Called Love
7.Say It's Not True (Vo:Roger)
8.'39 (Vo:Brian)
9.Love Of My Life (Vo:Brian)
10.Teo Torriatte (Vo:Brian&Paul)
11.Hammer To Fall
12.Feel Like Making Love
13.Let There Be Drums (Instrumental)
14.I'm In Love With My Car (Vo:Roger)
15.Guitar Solo (Instrumental)
16.Last Horizon (Instrumental)
17.These Are The Days Of Our Lives (Vo:Roger)
18.Radio Ga Ga (Vo:Roger&Paul)
19.Can't Get Enough
20.A Kind Of Magic
21.Wishing Well
22.I Want It All
23.Bohemian Rhapsody (Vo:Freddie&Paul)
〈Encore〉
24.I Was Born To Love You (Vo:Roger&Brian)
25.The Show Must Go On
26.All Right Now
27.We Will Rock You
28.We Are The Champions
29.God Save The Queen (Instrumental)
posted by alessandro at 01:06| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

New Sensation...

inxs_jd.jpe

 Inxs Announces New Vocalist, Album And Tour Plans

On Sept. 20 the multi-platinum rock band revealed their new
lead singer, J.D. Fortune, to the world. The announcement was
made during the finale of the electrifying summer TV series,
"Rock Star:INXS."

Multi-platinum rock band INXS will introduce new lead singer,
J.D. Fortune, to the world's concert stages when they embark
on the first leg of their world tour in early 2006.

 決まっちゃいましたね。
 Inxsの新VocalistをTV番組で募集するという話は以前しましたが、
先日決定し、あわせてAlbumの発売とTourの予定が発表になりました。

 それに先駆け、Single曲が既にiTMS_USに配信済み。
 Billboardチャートでも、37位という比較的好位置でデビューしてます。

 とはいえ、Michael Hutchenceとの比較は避けられませんが・・・
 個人的な感想はあえて言いません。
 聴く人それぞれの感性と判断にお任せします。

 とりあえず、こちらで諸々拝見できるようなので・・・
posted by alessandro at 23:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

Here Comes The Rain Again...

eurythmics.jpe

 昨年からずっと、「出る」と言われながら無期延期中だったEurythmicsの
ボートラ付Remaster盤とベストアルバムが出ます。

 ボートラの中身等は、ここを見ていただくとして・・・

 ちなみに、"Sexcrime(nineteen-eightyfour)"が収録されている"1984"は、
Virginからのリリースだったので、今回のRemasterには入っていませんね。

 それが原因かどうかはわからないけど、"Ultimate Collection"にも
収録されていません。 
posted by alessandro at 10:31| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

City Of Blinding Lights...

U2最新ライヴがDVDで登場!
最新ライヴを完全収録した2枚組DVD!

 日本には、来ないんでしょうか?

『Vertigo - Live From Chicago』

Disc-1:Live From Chicago
1. City Of Blinding Lights
2. Vertigo
3. Elevation
4. The Cry / The Electric Co.
5. An Cat Dubh / Into The Heart
6. Beautiful Day
7. New Year's Day
8. Miracle Drug
9. Sometimes You Can't Make It On Your Own
10. Love And Peace Or Else
11. Sunday Bloody Sunday
12. Bullet The Blue Sky
13. Running To Stand Still
14. Pride (In The Name Of Love)
15. Where The Streets Have No Name
16. One
17. Zoo Station
18. The Fly
19. Mysterious Ways
20. All Because Of You
21. Original Of The Species
22. Yahweh
23. '40'

Disc-2:Bonus Material
■Documentary 'Beyond The Tour'
■Surveillance Edits
· Love And Peace Or Else
· An Cat Dubh
· The Electric Co.
· Running To Stand Still
■Live At Hanover Quay
· All Because Of You
· Miracle Drug
posted by alessandro at 15:03| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

Mistake No.3...

 B・ジョージ容疑者逮捕 コカイン所持の疑い

 AP通信によると、ニューヨークで7日、コカイン所持と警察への虚偽通報の
疑いで、「カーマは気まぐれ」などのヒット曲で知られるポップグループ
「カルチャー・クラブ」の元ボーカル、ボーイ・ジョージ
(本名ジョージ・オダウド)容疑者(44)が逮捕された。

 警察によると、同容疑者は同日未明、泥棒が自宅に入ったとうその通報をした。
駆け付けた警官が自宅内のコンピューターのそばに少量のコカインが置いてある
のを見つけた。

 虚偽通報の動機は分かっていない。

 同容疑者は1986年にも英国でヘロイン所持で有罪となっており、
これが「カルチャー・クラブ」解散のきっかけになった。


 前回の逮捕からもう、19年が経つのですねぇ・・・
posted by alessandro at 16:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Home Computer...

 クラフトワーク初ライヴDVD、発売は12月!?

 USのAstralwerksの"New Release"のところに確かに載ってました。

 でもまぁ、「出る。」と言って出ないのがKraftwerk。
 本当に出るまでは半信半疑のままでいた方がいいようです。
posted by alessandro at 15:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

Make Progress...

 玉置成実の新曲は、Get Wild/TM Networkのカヴァーです。
 Produceを小室哲哉氏がやるとのこと。

 SMEのサイトでは、試聴できるみたいです。

 聴いてみてどう思いましたか?
 可でもなく不可でもない・・・感じですけどね。
posted by alessandro at 01:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。