2005年11月06日

Time After Time...

 亜久里、ホンダでF1参戦表明

 報じられている記事の全てを鵜呑みにしていいのかなぁ・・・

 あくまでも推測だけど、ホンダに担ぎ出されたと言うのが本当の所なのかなと
勘ぐっている訳なんだけど。

 確かに以前から、亜久里自身は将来的にF1チームのオーナーになる事を
公言していたけど、それが「この時期」だったのかは疑問だ。

 まともな結果を残せなかった佐藤琢磨の解雇が、思った以上にホンダへの
バッシングになったのは、ホンダとしても計算外の事態になり、慌てたん
じゃないかと。
 (俺は、あの結果では解雇は当たり前だし、その事でホンダを責めようとは
思わなかったけどね。)

 で、その時点でシートに空きがあったチームは、ウィリアムズ・ミッドランド・
トロロッソの3チーム5台分だけ。
 ウィリアムズは、ケケ・ロズベルグの息子にほぼ決定していたし、トロロッソは
事実上のレッドブルの2ndチームになった為、レッドブルお抱えの若手を乗せる事に
なるって話だったし、ミッドランドはトヨタエンジンのチームであるが故、ホンダと
しては乗せるわけにはいかない・・・と。

 その結果、「11番目のチームを作っちゃえ」と。
 一応、バーニー・エクレストンには相談したんだろう。で、Go!サインが出たので
日本GP前に発表した訳ですね。
 ただし、表向きホンダがやるわけにいかないので、中嶋とか亜久里とかに相談
したんじゃないか・・・と。
 その結果が・・・ということで。

 とはいえ、バーニーがOKしたとはいえ、最終的にはFIAが決める事。
 たとえ、参戦がOKになったとしても、バーレーンでの開幕戦までにはいろいろと
難題が山積している事も事実だ。
 一番の問題は、シャーシーであるんだが・・・
posted by alessandro at 22:42| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Motersports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。