2005年10月29日

Hard Habit To Break...

88年ぶりシカゴ市民酔う、ホ軍Vパレード

 88年ぶりにワールドシリーズを制したホワイトソックスの優勝パレードが
28日、シカゴ市内で行われ、挑戦1年目で頂点に立った井口資仁内野手(30)
も「チャンピオンになった気がする」と、あらためて喜びに浸った。

 選手とチーム関係者は6台の2階建てバスに乗り込み、本拠地のUSセルラー
フィールドを出発。約2時間、紙吹雪の中をゆっくりとパレードし、沿道は
数十万人のファンであふれた。

 シカゴにとってはカブスを含めても88年ぶりとなる栄誉。数万人が駆けつけた
市中心部の特設会場では、熱烈なホワイトソックスのファンとして知られる
デーリー市長があいさつに立ち「わたしは喜んで言う。2005年の世界一は
ホワイトソックスです」と叫び、喜びを表現した。

 祝福のために戦闘機も爆音を響かせながら上空を通過。就任2年目で栄冠を
つかんだギーエン監督が「来年もここに戻ってきます」と約束すると歓声は
最高潮に達した。


 Shoeless-Joeもきっと喜んでいるだろうね。

 陳腐な表現かもしれないけど、井口は日本シリーズとワールドシリーズの両方を
制した初の日本人です。
 チャンピオンリングを持っている日本人なら伊良部もいますが、渡米前の
ロッテ時代はリーグ優勝さえなく、帰国後の阪神でも日本シリーズで敗退して
いますから・・・
 もっとも、伊良部の場合はワールドシリーズでの登板はなかったわけだけどね。

 そういう意味では、他の日本人プレイヤーも奮起して欲しい所ですが、
松井稼やイチローのいるチームは弱小チームだし、松井秀の場合はポストシーズンが
弱いしなぁ・・・

 日米両方でシリーズ制覇の可能性となると・・・
 あとは田口か・・・
 石井と高津は、来期のチーム探しをしなくちゃならんだろうし・・・
posted by alessandro at 12:02| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8721696

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。