2005年10月02日

太陽の破片・・・

 岡村靖幸被告に懲役2年求刑
 出直しは「歌で麻薬撲滅運動」

 5月に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕、起訴されたミュージシャン
岡村靖幸被告(40)の論告求刑公判が30日、東京地裁(高山光明裁判長)
で開かれ、検察側は懲役2年を求刑した。

 "カリスマ"と呼ばれた全盛期よりかなり太った岡村被告は黒ぶち眼鏡、
伸ばした髪を後ろで縛り、シャツにジーンズ姿で入廷。
小学校時代に離婚した父親が情状証人として出廷し、「これからでも遅くない。
おやじと息子の関係を取り戻したい」と呼びかけると、涙をこらえてはなを
すすった。
岡村被告は「血液がまるでさびるかのように、体が腐っていくように毎日
苦しんでいる」と現在の心境を吐露。
「ファン、スタッフ、親を悲しませたことをつぐなうために早く復帰したい。
僕は生まれ変わる。復帰したら、麻薬撲滅の歌詞を書いて歌って、麻薬撲滅運動を
したい」と反省の弁を述べた。

 検察側は「刑務所に行く覚悟は? きちんと覚悟してくださいね」と厳しい口調で
さとし、岡村被告は「そうですね」と深いため息をつき肩を落とした。21日に判決。


 麻薬撲滅の歌詞か・・・
 マッキーは復帰直後のアルバムで確か、直接的な表現は使わなかったけど、
そういう類の曲は書いてるし・・・

 逮捕発覚の時の記事で再犯だって事だったので、実刑は免れないのかな?
 だとしたら、求刑からちょっと短くなったとしても1年半くらいは刑務所に
いるような気がするから、早くて復帰は2年後くらいか・・・
 長いな・・・
posted by alessandro at 14:07| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7596481

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。