2004年09月21日

Only A Northern Song...

「アップル」の商標争い決着へ 巨額和解金支払い

 ビートルズが設立した英レコード会社アップルが、米パソコン
大手アップルコンピュータを相手に商標「アップル」の使用
差し止めを求めた訴訟で、アップルコンピュータ側が巨額の
和解金を支払うことで近く合意する見通しとなった。米芸能誌
バラエティー(電子版)などが16日までに報じた。

 アップルコンピュータは創業者がビートルズを意識したため
英アップル社と商標が似ている。このため英アップル社が
商標権の不正使用だとして提訴。1991年にアップル
コンピュータ側が商標使用をコンピューター事業に限定する
ことで合意し、和解金2650万ドル(約29億円)を
支払った。

 ところが、アップルコンピュータが昨年4月、オンライン
の音楽配信ビジネスに進出したことから、英アップル社は
ロンドン高等法院に提訴した。司法関係者の1人は今回の
和解金について「集団訴訟以外では、史上最高額になる可能性
がある」と話している。


 数日前のニュースですが・・・
 1991年の時の和解金を上回る・・・のかな?
 とはいえ、もしかすると、この和解の裏には(海外の)iTMSの
カタログにFAB 4の曲が入ったりするという話もあったりして・・・

 過去にも、CDが普及していく過程で、FAB 4のCD化がきっかけに
なったという話もあるくらいだから、今回もそんな話が
あってもおかしかないかな・・・と。

 あくまでも推測です、はい。
posted by alessandro at 01:49| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マッカートニー卿が米Appleの役員に就任するなんて噂もありますな。やれやれ。
Posted by たこ。 at 2004年09月21日 21:12
 なんか、Paulさんって最近、「なんだかなぁ・・・」
ってニュースが多い気がします。
Posted by alessandro at 2004年09月27日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/638899

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。