2005年08月03日

Rock Your Body Rock...

 サッカー東アジア選手権。

 日本 2-2 中国

 結果的には0-2から辛うじてドローに持ち込んだ訳だったけれども、
北朝鮮戦から比べれば、(結果が伴わなかったとはいえ)何かしらの希望が
持てそうな90分だったように思える。

 ただし・・・
 本山が前半の最後の方で明らかに疲弊していたにも関わらず、66分まで
引っ張ったのには疑問。

 交代についても、玉田を入れるのではなく、例えば阿部勇樹を前目の
ポジションに動かして、遠藤 or 福西を入れることもできたんではないか
と思う。

 ただ今日の中国を見て、日本は今のままだとドイツの後の南アフリカ大会は
出れないかもしれないという思いが強くなってしまった。

 日本は結局、2002年Korea/Japan後の監督選択のミスによって、(結果的に)
ほとんど停滞したままというか、退化している印象があるけど、その間にも
アジアの他国は強くなってきている印象が強いし、この状況にOFCから
移動してきた豪州が加わるとなると・・・
posted by alessandro at 22:51| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Football(Domestic) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。