2005年06月20日

I Can't Quit You Baby...

 今、TVでは「めざにゅ〜」やってます。
 見るのは久しぶりなんだけど、杉崎さん少しほっそりしましたか?

 それはともかく、F1アメリカGPである。

 フォーメーションラップが終わった瞬間、コース上に残っていたのはブリヂストン
・タイヤを履いた、フェラーリ,ジョーダン・トヨタ,ミナルディ・コスワースの
6台だけだという異常な事態。
 (といっても、14台がピットに向かったシーンは見ていない。目が覚めたのは、
レースが始まってからだ。)

america_gp2005.jpg

 事の発端は、フリー走行でR.シューマッハーが事故った訳だが、その原因が
ミシュラン・タイヤの耐久性だったという訳。
 このままでは安全を保障できないと考えたミシュランは、プライドをかなぐり
捨てて、「タイヤ交換を認めて欲しい」だの、「コースにシケインを作ってくれ」
だのと、FIAと掛け合っていたようだけど、FIAの答えはNo!
 (「プライドの高いフランス人」の企業が、プライドをかなぐり捨てるという
のは異例中の異例だと思う。)

 結局、FIAはレースを強行するが、ミシュラン・タイヤの7チームは抗議の意味も
含めて、フォーメーションラップ終了後に車をガレージに収めてしまうといった訳だ。

 この一連の流れに、観客は置いてきぼりを食ってしまうわけで、ブーイング
とともにコース上に物が投げ入れられる始末。
 (おかげで、めったに見ない色のフラッグを見るわけだけど・・・;苦笑)

 レースそのものも、フェラーリの2台だけがまともなレースをしていた感じで、
それ以外はいつもの周回遅れ大会・・・
 (ミナルディとジョーダンじゃ仕方ないか・・・)

 M.シューマッハーの2回目のピットインの後の1コーナーで、バリチェロが
幅寄せして危うく同士討ちになりそうだった時は、ジョーダンとミナルディの
ポディウム姿を想像しましたが・・・

 (もし、ミナルディがポディウムに乗ったらいつ以来だったんだろう?)

 今回の件も、前々回のヨーロッパGPの件もそうだけど、FIAは何か頑なになり
過ぎているんと違うかな?

 とりあえず、「1レース、1セットのみ」というタイヤのレギュレーションを
なんとかせんといかんのじゃないかな?

 このままだといずれ、不測の事態が起こるんじゃないかな?
 それ以前にファン離れが起きると思いますけどね。

 なんか、後々まで尾をひきそうな、いやーなレースでした。
posted by alessandro at 05:34| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Motersports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。