2004年08月14日

Black Money...

プロ野球巨人軍の渡辺オーナー辞任

 プロ野球巨人軍の渡辺恒雄オーナーが13日、辞任した。
明大の一場靖弘投手に対し、不適切な金銭提供をしたことに
対する責任を取った。土井誠球団社長をはじめ、球団幹部も
総入れ替えとなる重い処分だった。球界に対し強い発言力を
持っていた同オーナーの辞任で、1リーグ制への移行を
含めた球界の再編問題はますます混迷を深めることになる。
自由獲得枠を使った一場投手の獲得も白紙に戻った。


 どこかにリークされたんでしょうかねぇ?
 今回はバレたけど、10・17・21・26の背番号の人の時も
裏金が動いていたんじゃないの?
 この際だからきっちりと調べた方がいいとおもう。
 とはいっても、調べるとは到底思えないけどね。

 でも、ナベツネがオーナー辞めても、院政は続くんでしょ?
 だから、何も変わらないんじゃない?
 コミッショナーやリーグ会長が腰抜けなうちはね。
 それと、野球界全体の「読売ぶら下がり体質」が変わらない
以上、根本的な変革は難しいと思うし。

 今回の事件で一場は、日本でのデビューの道は
絶たれたんじゃないかな?
 とはいっても多田野の例のように、独立リーグ→MLBと
いう道もあるし、必ずしも悲観的になる必要はないんじゃ
ないかな?
 (多田野・・・横浜が自由獲得枠で狙っていたが、立教大
在学時代の「同性愛ビデオ」出演が原因で、ドラフトでの
指名を回避。その後渡米した。現在は、3AでMLB昇格を
目指し、奮闘中。)
posted by alessandro at 00:39| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445973

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。