2005年05月26日

Heaven And Hell...

 前半が終わって、3-0で勝っているサッカーの試合がある。
 普通に考えれば、勝っているチームがそのまま勝てるはず・・・

 UEFAチャンピオンズ・リーグの決勝、ACミランはこのまま勝つはずであった。
 俺も勝利を確信していた。

 しかし・・・

 えっ?

 マジ?

 ウソ?

 後半の15分が終わった時点で、あっという間に同点。

 そのまま延長戦〜PK戦となり、3-0で勝っていたACミランは、PK戦で3本も
PKを外してしまい、負けてしまったのである。

 ミラニスタのショックの度合いは、98-99のバイエルン以上だったかもしれない。

※参考 バイエルンは、マンチェスターU相手に後半ロスタイムまで1-0で勝っていた。
 しかし、ロスタイムの数分の間にマンチェスターUが2点を入れ逆転勝ち。

 俺はすごく凹んだよ。

 そりゃ、リバプールの3点目のきっかけとなった判定だけど、あれはリバプールの
選手が勝手に倒れただけで、ファールじゃないと思っていたし、シェフチェンコに
対するオフサイド判定も微妙だったし・・・

 ミランの選手は、今日の審判と相性が悪かったのかもしれない。

 でも、これがサッカーなんだが・・・

 資金難からイスタンブール行きを断念したんだが、行っていたらもっとショック
だったかもしれないな。
posted by alessandro at 22:55| 埼玉 ☀| Football(Foreign) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。