2004年07月11日

Spice Up Your Life...

ベッカム引退発言!?「もう終わりだ」

英大衆紙ザ・サンは10日、2004年欧州選手権の準々決勝
ポルトガル戦でPKを外したイングランド代表主将デービッド・
ベッカム(29)=Rマドリード=が試合直後、ビクトリア夫人に
「サッカー選手を引退する」と告げていたと報じた。

 同紙によると、昨年10月の欧州選手権予選トルコ戦から
数えて3回連続となるベッカムのPK失敗もあり、イングランド
は準々決勝で敗退。その夜、宿泊ホテルに引き揚げて夫人に
「もうやっていけない。引退する。ぼくはもう終わりだ」と
告げたという。

 しかし、夫人は「あなたがイングランドの主将なの。みんなが
それを誇りにしている。もう一度だけ、あなたが素晴らしい
サッカー選手であることを証明して」とひどく落ち込んだ夫に
語りかけて引き留め、引退という最悪の事態は免れたとしている。


 Worldcup 1998 Franceの時にvs. Argentinaでの敗戦で、
スケープゴートにされた時も当時婚約中のVictoriaがそばに
いて、Beckhamを励まし続けていたって話もありましたね。
 (確か、英国の喧騒を逃れる為、Spice Girlsのプロモーションに
同行させていたって話。)

 今回も、Victoriaが励ます形となっていましたが、前回と
違うのは、不倫疑惑とかで2人の関係が危ないんじゃないか?
と言われていた事。

 ま、不仲だったらEuroに応援になんて駆けつけてないでしょうし・・・

 とはいえ、Victoriaがスペイン移住を決断した、だの、
BeckhamがPremierのチームへの移籍を決断した、だの言われて
いますが、果たして・・・

 とにかく、今の段階での引退って事はない・・・と思ってます。
 だって、PKが下手だってだけ(苦笑)なんだし・・・
 (っつうか、慌てて蹴りすぎ・・・今回のEuroに限ってはね。)

 そういえば、イルハンを鳴り物入りで獲った神戸・・・
 結局、何のインパクトもないまま、怪我で離脱→帰国→復帰→
でも、再発→無断帰国→解雇となりましたが・・・
 なんか、Jの初期のリネカーを獲った名古屋にダブらせてしまいました。(苦笑)
posted by alessandro at 19:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Football(Foreign) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288909

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。