2006年05月08日

Loser...

井出、スーパーライセンス取り消しへ

国際自動車連盟(FIA)のH・ブラッシュ・レース・
オブザーバーは7日、東京中日スポーツの取材に応じ、
レギュラー・シートを失ったスーパーアグリの井出有治(31)の
スーパーライセンスを取り消す方針を固めたことを明らかにした。
8日に井出のライセンスの本籍がある日本自動車連盟(JAF)
から井出に正式に通知されるもよう。


 サンマリノGPの結果から、遂にこういう事態になってしまいました。

 とはいえ、井出は不運である。

 1.急遽参戦となった、Super Aguri F1。開幕前のテストもままならず、
 走行距離が稼げなかった事。
 2.SA05は、元はといえば4年落ちの元Arrowsの車。日々進化する
 F1マシンの中でまともなリザルトが残せるわけがない。
 3.佐藤琢磨のシート喪失によるホンダへの批判をかわす為だけに
 作られた急造チーム。短い期間で十分なスタッフが集まるわけも
 なく、チームの力の入れ方も琢磨有利にならざるを得ない。
 4.バブル期には、いろんなスポンサーを集めた亜久里も、
 今回の参戦では十分なスポンサーが集められず、いまだにSA06の
 開発が進んでいない状態。

 いくら昨年、フォーミュラー・ニッポンで好成績を挙げた所で、
参加したF1チームがクソならば、仕方ないのかもしれない。

 とはいえ、過去にはエディ・アーバインなどを輩出したF1への
ステップアップカテゴリーだったフォーミュラーニッポンも
今となっては落ちぶれたものである。

 ここ数年、F1に転向したドライバーが、(参戦したチームがクソ
だったとはいえ)まともな成績を挙げていないし、でもって
今回の井出である。

 F1に行くには、ユーロF3だったり、GP2だったりの方が早道という
事もあり、海を渡るドライバーが増えているようだし、そうなると
ますます日本のレースは衰退の一歩を辿るんだろうなぁ。
posted by alessandro at 14:24| 埼玉 🌁| Motersports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。