2005年10月30日

A Different Corner...

wham2005.jpe

 George Michaelの自伝とも呼べるべき内容の映画"A Different Story"が公開される。
 海外では、既に公開されているのだが、日本でも来年早々の公開になるようだ。
 Wham!時代の僚友Andrew Ridgeleyも、久しぶりに公衆の面前に顔を出している。

 詳しくは、ここに。

 なお、予告編ムービーがここで見れます。

posted by alessandro at 10:56| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Heaven For Everyone...

queen+pr.jpe

 10/27(木)の事であるが、Queen + Paul Rodgersの来日公演を見に行った。
 Queenとしての来日は、1985年の"The Works Tour"以来20年ぶりである。

 何ヶ月か前の"Burrn!"のライブ評があまりに批判的な内容だったし、
ネットとか見ていても、旧来のQueenファンからは好意的な意見がほとんど
ない状況下での来日公演である。

 埼京線北与野駅経由で会場に向かう。
 いつもは、さいたま新都心駅経由なのだが、乗換がめんどくさかったので、
池袋から埼京線でそのまま向かった次第。
 (時間的に余裕があったのもあるかな。)

 とりあえず、グッズ売場に向かう。
 とはいえ、早くも2日目でSold Outになるグッズ続出。
 (今日の横浜公演参加者によると、追加納品はないとのこと。)

 パンフとTシャツを買って会場入り。
 時間が少しあるので、軽く食事・・・
 ということで、会場内のケンタへ・・・
 2ピース500円のチキンと700円のビールを買って、立ち食い。

 会場内を見渡すと幅広い客層だったけど、比較的同世代の客が多かったかな。
 とはいえ、会場内のあちこちの女子トイレには長蛇の列が・・・
 (やっぱり、女子が多い?)

 会場内に入ると、ジミヘンが延々とかかっている。
 開演予定時刻から約15分経った所で、AC/DCの曲が・・・
 そして・・・"Made In Heaven"の"It's A Beautiful Day"の4つ打ちVer.が
流れ、そろそろ始まることを予感させる。

 そして暗転・・・
 曲はなぜか、Eminemの"Lose Control"へ・・・
 サビのところで、Brianがギターをかぶせる。
 そして、Fade Outしライブ開始。
 花道の所からPaul Rodgers登場!!

 幕の中からBrianも登場して、花道に向かう。
 (ライブ全編での花道使用率が結構高い。)

 3曲目"Fat Bottomed Girl"でBrianの通称"Red Special"がスクリーンに
大写しになった瞬間、涙腺が・・・

 当初心配された、「Paul Rodgersって、どうよ?」って部分ですが、
Freddieと比べる事自体がそもそも間違いであるということかな。
 1992年のFreddie Mercury Tributeでもそうなんだけど、そもそもQueenの
曲は歌うのが難しい曲が結構あるし、Robert PlantやElton Johnのような
人でも結構ヤバかったりしたわけで・・・
 そういう意味では、Paul Rodgersの場合は、Tourをこなしていく過程で
彼流に消化した中で歌っていたと思うし・・・

 とはいえ、欧州とかと比べるとBad CompanyやFreeの知名度が著しく低い
日本でのライヴは、ある意味アウェイ戦であるわけで・・・
 実際、Bad CompanyやFreeの曲をやると一気に空気が冷えてしまった事も
事実で・・・
 ただ、Bad CompanyやFreeの曲をQueenでやるのはちょっと不向きなのかな?
 あれだったら、Freeで聴いたほうが全然いいかも・・・

 12弦ギターを持ったBrianが"'39"を演奏する。
 そして・・・
 "Love Of My Life"である。

 20年前、日本武道館。
 当時は、これがFreddie在籍時最後の来日になるとは考えもしなかった頃・・・
 当時予備校生だった自分は、親を拝み倒して武道館に向かった。
 正直、"The Game"以降の曲と、"Greatest Hits"の収録曲しか
知らなかった自分は、"Love Of My Life"を歌えなかった。
 会場中でみんな歌っているのに・・・である。

 でも、今回はちゃんと歌えたよ。
 涙腺緩んでいたけどね。

 で、"Teo Toriatte"である。
 1985年の来日時には、やらなかった曲である。
 前半、Brian一人で演奏していた時は問題なかったのだが、後半のバンド演奏部分は
結構メロメロな感じがした。
 来日後に演奏する事が決まったからなのだろうか?
 リハ不足っぽかったなぁ・・・

 Drums SoloやGuitar Soloなどがあって、"These Are The Days Of Our Lives"。
 昔の来日時(だろう、たぶん)の映像が流れる、4人とも若い。

 Rogerが歌う、"Radio Ga Ga"。
 Roger作曲の曲で初めてのSingleカットがこの曲である。
 やはりこの曲のハイライトは、サビの部分の手拍子だよね。
 でも、1986年のWembley Stadiumには勝てないけどね。
 あれはいつ見ても鳥肌が立つ光景である。

 本編最後は"Bo Rhaps"だ。
 ピアノに向かって歌いだすFreddieの映像が・・・

 涙腺が・・・
 泣くのをこらえて歌いましたよ、"Bo Rhaps"・・・

 アンコールである。
 BrianとRogerが花道を2人で歩いてくる。
 過去に、仲が悪かった2人とは思えない。

 で、BrianのGuitarをバックに歌いだしたのが"I Was Born To Love You"。
 日本側の要望に応えたんだろうね。
 バンドでやるには準備期間が短く、ああいう形に落ち着いたんだと思う。

 "The Show Must Go On"の後は、Freeの超有名曲"All Right Now"だ。
 やはりというか、Paul曲では一番反応がよかったように思える。

 で、残りの超定番曲2曲でThe End・・・

 2時間20分くらいのライヴはあっという間に終わった。

 なんとなくだけど・・・
 Freddieは、あの会場のどこかにいたのかなって感じた。
 姿を現すことも声を出す事もできないけど、どこかで見つめていたんじゃ
ないか・・・と。

1.Reaching Out
2.Tie Your Mother Down
3.Fat Bottomed Girls
4.Fire And Water
5.Another One Bites The Dust
6.Crazy Little Thing Called Love
7.Say It's Not True (Vo:Roger)
8.'39 (Vo:Brian)
9.Love Of My Life (Vo:Brian)
10.Teo Torriatte (Vo:Brian&Paul)
11.Hammer To Fall
12.Feel Like Making Love
13.Let There Be Drums (Instrumental)
14.I'm In Love With My Car (Vo:Roger)
15.Guitar Solo (Instrumental)
16.Last Horizon (Instrumental)
17.These Are The Days Of Our Lives (Vo:Roger)
18.Radio Ga Ga (Vo:Roger&Paul)
19.Can't Get Enough
20.A Kind Of Magic
21.Wishing Well
22.I Want It All
23.Bohemian Rhapsody (Vo:Freddie&Paul)
〈Encore〉
24.I Was Born To Love You (Vo:Roger&Brian)
25.The Show Must Go On
26.All Right Now
27.We Will Rock You
28.We Are The Champions
29.God Save The Queen (Instrumental)
posted by alessandro at 01:06| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

Hard Habit To Break...

88年ぶりシカゴ市民酔う、ホ軍Vパレード

 88年ぶりにワールドシリーズを制したホワイトソックスの優勝パレードが
28日、シカゴ市内で行われ、挑戦1年目で頂点に立った井口資仁内野手(30)
も「チャンピオンになった気がする」と、あらためて喜びに浸った。

 選手とチーム関係者は6台の2階建てバスに乗り込み、本拠地のUSセルラー
フィールドを出発。約2時間、紙吹雪の中をゆっくりとパレードし、沿道は
数十万人のファンであふれた。

 シカゴにとってはカブスを含めても88年ぶりとなる栄誉。数万人が駆けつけた
市中心部の特設会場では、熱烈なホワイトソックスのファンとして知られる
デーリー市長があいさつに立ち「わたしは喜んで言う。2005年の世界一は
ホワイトソックスです」と叫び、喜びを表現した。

 祝福のために戦闘機も爆音を響かせながら上空を通過。就任2年目で栄冠を
つかんだギーエン監督が「来年もここに戻ってきます」と約束すると歓声は
最高潮に達した。


 Shoeless-Joeもきっと喜んでいるだろうね。

 陳腐な表現かもしれないけど、井口は日本シリーズとワールドシリーズの両方を
制した初の日本人です。
 チャンピオンリングを持っている日本人なら伊良部もいますが、渡米前の
ロッテ時代はリーグ優勝さえなく、帰国後の阪神でも日本シリーズで敗退して
いますから・・・
 もっとも、伊良部の場合はワールドシリーズでの登板はなかったわけだけどね。

 そういう意味では、他の日本人プレイヤーも奮起して欲しい所ですが、
松井稼やイチローのいるチームは弱小チームだし、松井秀の場合はポストシーズンが
弱いしなぁ・・・

 日米両方でシリーズ制覇の可能性となると・・・
 あとは田口か・・・
 石井と高津は、来期のチーム探しをしなくちゃならんだろうし・・・
posted by alessandro at 12:02| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝日を見に行こうよ...

 SMAP、ニューシングル&ドラマDVD!

 なんだか、昨年末にやったドラマのDVDなんだそうですが、
世の中のSMAPファン的には、「古畑任三郎 x SMAP」のDVD化を
望んでいる人が多いんじゃないか・・・と。
posted by alessandro at 11:34| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

Six and Half...

 なんで、あのプレーに一発レッドが出ないんだ?
 本当に非難されるべきは、そのプレーを流した審判じゃないのかな?

 連続写真でしか見ていないので、その上での発言である事をまずご容赦
いただきたいのだが、どう見てもあれは悪質なラフプレー以外の何物でも
ないと思う。

 なぜ、流したんだろう?
 何故、レッドカードが出なかったんだろう?

 だって、倒された選手は全治6ヶ月の重傷だよ。
 選手生命を失う可能性だってあるんだよ。

 今のJの審判にその認識があるのかどうか・・・

 ま、相手チームや当該選手に怒りが向かうのはわかるけどね。

 というか、俺も邪な発言をしそうになって、慌てて書き直しているのも
事実なんだけどね。

 (諸事情により、チーム名及び選手名はすべて伏せさせていただきました。)
posted by alessandro at 13:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Football(Domestic) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

New Sensation...

inxs_jd.jpe

 Inxs Announces New Vocalist, Album And Tour Plans

On Sept. 20 the multi-platinum rock band revealed their new
lead singer, J.D. Fortune, to the world. The announcement was
made during the finale of the electrifying summer TV series,
"Rock Star:INXS."

Multi-platinum rock band INXS will introduce new lead singer,
J.D. Fortune, to the world's concert stages when they embark
on the first leg of their world tour in early 2006.

 決まっちゃいましたね。
 Inxsの新VocalistをTV番組で募集するという話は以前しましたが、
先日決定し、あわせてAlbumの発売とTourの予定が発表になりました。

 それに先駆け、Single曲が既にiTMS_USに配信済み。
 Billboardチャートでも、37位という比較的好位置でデビューしてます。

 とはいえ、Michael Hutchenceとの比較は避けられませんが・・・
 個人的な感想はあえて言いません。
 聴く人それぞれの感性と判断にお任せします。

 とりあえず、こちらで諸々拝見できるようなので・・・
posted by alessandro at 23:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

Here Comes The Rain Again...

eurythmics.jpe

 昨年からずっと、「出る」と言われながら無期延期中だったEurythmicsの
ボートラ付Remaster盤とベストアルバムが出ます。

 ボートラの中身等は、ここを見ていただくとして・・・

 ちなみに、"Sexcrime(nineteen-eightyfour)"が収録されている"1984"は、
Virginからのリリースだったので、今回のRemasterには入っていませんね。

 それが原因かどうかはわからないけど、"Ultimate Collection"にも
収録されていません。 
posted by alessandro at 10:31| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

City Of Blinding Lights...

U2最新ライヴがDVDで登場!
最新ライヴを完全収録した2枚組DVD!

 日本には、来ないんでしょうか?

『Vertigo - Live From Chicago』

Disc-1:Live From Chicago
1. City Of Blinding Lights
2. Vertigo
3. Elevation
4. The Cry / The Electric Co.
5. An Cat Dubh / Into The Heart
6. Beautiful Day
7. New Year's Day
8. Miracle Drug
9. Sometimes You Can't Make It On Your Own
10. Love And Peace Or Else
11. Sunday Bloody Sunday
12. Bullet The Blue Sky
13. Running To Stand Still
14. Pride (In The Name Of Love)
15. Where The Streets Have No Name
16. One
17. Zoo Station
18. The Fly
19. Mysterious Ways
20. All Because Of You
21. Original Of The Species
22. Yahweh
23. '40'

Disc-2:Bonus Material
■Documentary 'Beyond The Tour'
■Surveillance Edits
· Love And Peace Or Else
· An Cat Dubh
· The Electric Co.
· Running To Stand Still
■Live At Hanover Quay
· All Because Of You
· Miracle Drug
posted by alessandro at 15:03| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

Dangerous...

 琢磨、トゥルーリとの接触で順位取り消しに

 スパでのM.シューマッハとの接触以来、FIAから「危険なドライバー」の
レッテルを貼られてしまったようですね。

 そんな状況で、来期乗せようと思うチームなんてあるのだろうか?
 「11番目のチーム」の噂もあるけど、普通に考えたら来期からの参戦は
難しいだろうし・・・
 っつうか、今から車を作った所で、まともに走れる車になるとは思えず、
今年のジョーダンやミナルディみたいな、コース上にいる邪魔な「走る障害物」に
なる可能性大だ。
 (いくらホンダエンジンを積んでいたとしても、車がクソならまともに走るわけ
がない。今年、トヨタエンジンを積んでいるジョーダンがその例だ。)

 やはり、「琢磨、鈴鹿ラストラン」というか、次の上海を最後に琢磨がF1から
去る可能性が高い気がするのは俺だけだろうか?
posted by alessandro at 00:59| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Motersports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

Too Much Information...

 国勢調査:650億円投入も、拒否続出 時代にそぐわず

 個人情報保護法が導入された影響もあって、回収率が悪いらしい。
 そりゃそうだろう。

 国勢調査:調査員が調査票燃やす 茨城・坂東
とか、
 記入済み国勢調査票の詐取、14都道府県で43件
とか。

 こんなニュースが立て続けに起こっているようじゃ、拒否する人も多くなるわな。
 次回は、やり方を変えるそうだけど、どんなやり方になるのか?
posted by alessandro at 21:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mistake No.3...

 B・ジョージ容疑者逮捕 コカイン所持の疑い

 AP通信によると、ニューヨークで7日、コカイン所持と警察への虚偽通報の
疑いで、「カーマは気まぐれ」などのヒット曲で知られるポップグループ
「カルチャー・クラブ」の元ボーカル、ボーイ・ジョージ
(本名ジョージ・オダウド)容疑者(44)が逮捕された。

 警察によると、同容疑者は同日未明、泥棒が自宅に入ったとうその通報をした。
駆け付けた警官が自宅内のコンピューターのそばに少量のコカインが置いてある
のを見つけた。

 虚偽通報の動機は分かっていない。

 同容疑者は1986年にも英国でヘロイン所持で有罪となっており、
これが「カルチャー・クラブ」解散のきっかけになった。


 前回の逮捕からもう、19年が経つのですねぇ・・・
posted by alessandro at 16:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Biggest Mistake...

 大阪ドームが更生法申請 社長は引責辞任を表明

 更生法を適用したところで、経営再建できるとは思わないんですけどね。
 再建できると思ってるんかな、大阪府は・・・
 早く解体した方が、大阪の為だと思いますが・・・

 野球やっても客が入らない。
 (オリッ鉄主催よりも、阪神主催ゲームの方が客が入っているこの現状。)

 ロックコンサートをやるにも、構造上の欠陥のためにやれない。
 (サザンがよくて、Queenがダメな理由がよくわからん。来春予定の
Stonesも大阪飛ばし濃厚?)

 代替地だってあるんじゃないの?
 (近鉄が当初、移転先にしようとした場所とか・・・)
posted by alessandro at 16:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Home Computer...

 クラフトワーク初ライヴDVD、発売は12月!?

 USのAstralwerksの"New Release"のところに確かに載ってました。

 でもまぁ、「出る。」と言って出ないのがKraftwerk。
 本当に出るまでは半信半疑のままでいた方がいいようです。
posted by alessandro at 15:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

Make Progress...

 玉置成実の新曲は、Get Wild/TM Networkのカヴァーです。
 Produceを小室哲哉氏がやるとのこと。

 SMEのサイトでは、試聴できるみたいです。

 聴いてみてどう思いましたか?
 可でもなく不可でもない・・・感じですけどね。
posted by alessandro at 01:33| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

Nevermind...

 元木大介内野手が現役引退を表明

 っつうか、元巨人の方がタレント活動しやすいもんな。
 デーブ大久保しかり、定岡しかり・・・

 だって、元巨人って肩書きがなければ、誰も相手にしないしな。
 元巨人ってだけでテレビ番組に使う、日本のテレビ局もバカだよね。

 本当に野球が好きだったら、他の球団に行ってでも野球をやるはず
だと思うけどね。
 今、巨人にいる選手の中で野球が好きでやってるやつなんて、
ほとんどいないんじゃない?
 だから勝てねぇんだよ。

 巨人なんて、プロ野球なんて名乗るのやめて、一生ジャニーズとかたけし軍団とか
タレントとでも野球やってれば?

 でもまぁ元木の場合は、奥さんが元局アナだから夫婦で番組とかやったりして・・・
posted by alessandro at 02:41| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Television | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

太陽の破片・・・

 岡村靖幸被告に懲役2年求刑
 出直しは「歌で麻薬撲滅運動」

 5月に覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕、起訴されたミュージシャン
岡村靖幸被告(40)の論告求刑公判が30日、東京地裁(高山光明裁判長)
で開かれ、検察側は懲役2年を求刑した。

 "カリスマ"と呼ばれた全盛期よりかなり太った岡村被告は黒ぶち眼鏡、
伸ばした髪を後ろで縛り、シャツにジーンズ姿で入廷。
小学校時代に離婚した父親が情状証人として出廷し、「これからでも遅くない。
おやじと息子の関係を取り戻したい」と呼びかけると、涙をこらえてはなを
すすった。
岡村被告は「血液がまるでさびるかのように、体が腐っていくように毎日
苦しんでいる」と現在の心境を吐露。
「ファン、スタッフ、親を悲しませたことをつぐなうために早く復帰したい。
僕は生まれ変わる。復帰したら、麻薬撲滅の歌詞を書いて歌って、麻薬撲滅運動を
したい」と反省の弁を述べた。

 検察側は「刑務所に行く覚悟は? きちんと覚悟してくださいね」と厳しい口調で
さとし、岡村被告は「そうですね」と深いため息をつき肩を落とした。21日に判決。


 麻薬撲滅の歌詞か・・・
 マッキーは復帰直後のアルバムで確か、直接的な表現は使わなかったけど、
そういう類の曲は書いてるし・・・

 逮捕発覚の時の記事で再犯だって事だったので、実刑は免れないのかな?
 だとしたら、求刑からちょっと短くなったとしても1年半くらいは刑務所に
いるような気がするから、早くて復帰は2年後くらいか・・・
 長いな・・・
posted by alessandro at 14:07| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Eye Of The Tiger...

 確かに阪神が優勝したんだけど、2年前に比べてどうもしっくりこない。

 投手でいえば、確かにJFKというセットアッパー&クローザーを確立したのは
大きい。
 しかし、彼らが登板過多になる原因を作った先発陣の不甲斐なさといえば・・・
 井川は13勝しているが、見ている限りそんなに勝ったとは思えないくらい、
不甲斐ないゲームも多かった。むしろそっちの方が印象深い。
 福原に至っては、8勝14敗である。
 安藤や下柳の勝ちで、なんとなく体裁が整ったような気がする気がするのは
俺だけ?

 打線も、3割を打っているのは金本と赤星だけ。
 今岡も3割打っているイメージがあったのだが、2割8分程度でしかない。

 実際に計算してないからわからないけど、2年前の方がチームの投手成績も
打撃成績もよかったんではないかと・・・

 で、今年の阪神の優勝は中日が勝手にコケただけの事・・・と思ったのだが・・・
 事実そうなのかもしれないということが、以下の事でなんとなくわかるのかな?

 昨日(9/30)時点のセリーグのチーム成績は、

チーム  勝 負 勝率 ゲーム差
阪神   84 53 .613
中日   78 61 .561  7.0
横浜   64 66 .492 16.5
ヤクルト 66 69 .489 17.0
巨人   60 78 .435 24.5
広島   55 81 .404 28.5

であるが、今年新たに始まった交流戦を除いた(つまり、セリーグ同士の対決分)成績
は以下の通りだ。

チーム  勝 負 勝率 ゲーム差
阪神   63 40 .612
中日   63 40 .612  0.0
横浜   45 49 .479 13.5
ヤクルト 46 53 .465 15.0
広島   44 57 .436 18.0
巨人   42 64 .396 22.5

 なんと、中日と勝ち負けが同数である。
 要は、交流戦で調子を上げた阪神と、交流戦を境に調子を落とした中日との差が
優勝を決めたのだ。

 あぁ、スッキリした。
 でも、何はともあれ優勝である。
 あとは、パリーグの代表チームに勝って、思いっきり美酒を飲んでもらいたいものだ。
 でもって、俺も飲みたい。
posted by alessandro at 00:04| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

End Of The Road...

 清原の移籍先 オリックスが本命

 巨人・清原和博内野手(38)の移籍先の本命がオリックスであることが
30日、明らかになった。一方、オリックスの仰木彬シニア・アドバイザー
(SA)は、巨人から戦力外通告を受けた元木大介内野手(33)の獲得に
乗り出す考えを示した。

 巨人退団が確実な清原にはオリックス、楽天が獲得に乗り出す構えを
見せている。だが番長が出す答えは地元でもある関西になりそうだ。


 野村さんに「ピアス外せ」って言われている楽天はないでしょ。

 オリッ鉄は神戸の集客に比べて、大阪ドームでの集客が弱い事が悩みの
ようです。
 その為に仰木監督が就任したんだが、それでも元近鉄ファンが戻ってくる事は
なかったわけで。
 (そのためオリッ鉄は、近鉄選手OBに大阪の企業廻り等の営業をさせるという
仕打ちもあった。)
 「集客力のある選手」を入れる事で、大阪ドームの集客を伸ばそうという
思惑もあるんだろうな。
posted by alessandro at 11:55| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。